ウクライナ軍のドローンを感知できなかった?ロシアの戦略レーダーに“弱点”か 【日曜安全保障】

ウクライナ軍のドローンを感知できなかった?ロシアの戦略レーダーに“弱点”か 【日曜安全保障】

ウクライナでの戦いで優位に立っているロシアに見えた“ほころび”。

入手した映像から解説します。

激戦が続くウクライナ。

5月10日、東部の国境からロシア軍が侵攻を再開し、各地で攻勢に出ています。

一見、ロシア軍に有利に見える戦い。

しかし、SNSで拡散された映像では、ロシアが誇る探知距離約6000kmのミサイル監視戦略レーダー「ヴォロネジDM戦略レーダー」に穴があいているのが分かります。

保有する8基以上が様々な方向に配備しており、ロシアが攻撃されれば、自らの戦略核ミサイルで反撃するという抑止態勢をとっているが、そのうちインド洋側を見張る2基に穴があけられたのです。

この事態を引き起こしたことについて、フジテレビ・能勢特別解説委員は「戦略レーダーの近くで見つかった残骸から、ウクライナ軍に供与された『AR3ドローン』が突っ込んだとも推定されています」と話します。

ウクライナとしては、アメリカから供与された長距離ミサイル「ATACMS」の発射を戦略レーダーに捕捉されるのを警戒したのでは、との報道が出る中、アメリカでは、今回のウクライナによる攻撃は、世界の戦略核秩序の不安定化を招く恐れがあるとの懸念が報じられました。

フジテレビ・能勢特別解説委員:

本当に「AR3ドローン」なら、時速85kmで16時間も飛び続ける性能を生かし、ウクライナから約1500km先の戦略レーダーに突っ込んだことになります。ただこのドローン、全長1.7メートル、幅3.5メートルもの大きさがあり、ロシアの戦略レーダーは、これを感知できず、迎撃できなかったということになりかねません。他の方角をにらむ戦略レーダーにも同じ弱点があるなら、ロシアの戦略核システムの抑止態勢が揺らぐことになりかねません。

あらわになった弱点。

こうした中、ロシアはウクライナを支援する西側諸国をけん制するためか、核弾頭を搭載できる様々なミサイルを見せつけるかのように、ベラルーシとの共同訓練の映像を公開。

そして、極超音速巡航ミサイルを搭載可能なフリゲートや巡航ミサイル原潜などの艦隊をアメリカ本土の目と鼻の先のキューバのハバナ港に派遣しました。

フジテレビ・能勢特別解説委員:

ハバナ港では、ロシアの原潜の横をカナダ海軍の哨戒艦が監視するかのようにそばを通る場面も見られ、ウクライナでの戦争は、核兵器もちらつかせながら地球規模でのロシアと西側の揺さぶりあいにまで発展しているようです。