【ロシアもう限界】突撃細り致命傷 ウ軍すかさず反撃奪還 突撃兵採用難で前線崩壊【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】F-16初のロシア攻撃投入|ロシア空前の「借金ブーム」専門家「経済終わったな」

【ロシアもう限界】突撃細り致命傷 ウ軍すかさず反撃奪還 突撃兵採用難で前線崩壊【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】F-16初のロシア攻撃投入|ロシア空前の「借金ブーム」専門家「経済終わったな」

【6月30日ウクライナ情勢 概要】
テレグラム→https://t.me/UKR_RU_WarMap
0:00 はじめに
1:09 ウクライナ戦況の全般的な事柄
2:18 ウクライナ・ロシア情勢に関するニュース
2:30 【祝】F-16初実戦投入
2:55 ロシアで空前の借金ブーム 収入増加でロシア国民錯覚
3:59 ロシア番組「M113はBTR-82の敵でない」そもそも弾当たらず
4:46 ウクライナ各地域の戦況
5:04 北東部 ハルキウ方面 リプツィ、ボフジャンスクの戦況
6:28 北東部 ルハンスク州 東部 バフムト方面 ハルキウ テルニー チャシフヤールの戦況
11:56 南東部 ドネツク州アウディーイウカ、マリンカ方面の戦況
13:58 後方地域の爆発炎上
14:31 南部 ザポリージャ州 ヘルソン州、ロボチネ、クリンキーの戦況

#ウクライナ戦況
#ロシア軍
#プーチン大統領

マスコミが絶対に伝えない最新のウクライナ戦況を地図を使ってわかりやすく解説!1日2回戦況を更新しています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめています。
●過去の動画は再生リストから

●英語版
https://www.youtube.com/@UkraineMilitaryMapSumaito/videos
■より快適に見るには
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍 青:ウクライナ軍 オレンジ:係争中
・地図の下に縮尺、一辺10kmの正方形が所々あります
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表 損失比から推定
●noteに内容を全文掲載
 https://note.com/sumaitotoushi/
■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net
利用は規約に沿って確認の上行っています。
——
ウクライナ情勢に関するニュースを厳選して、
簡単にお伝えします
YouTubeのチャプター機能で必要なところを見ることもできます
1番目
フランスの元戦闘機パイロットがSNSに投稿し、
「噂には聞いていたが、
ウクライナのF16による最初の攻撃を直接確認した」と伝えました
日時や場所など詳細な情報は不明ですが、
SNSではF16がロシア軍を攻撃した情報に盛り上がりました
2番目
経済が過熱しているロシアでは借金がブームになっています
ロシアの今年3月の実質賃金は年率で12.9%上昇しました
一方、
ロシアでは無担保消費者ローンの借り入れが加速し、
年率換算で24%増加、
これは家計収入を10%以上も上回っています
収入が増えた結果、
多くのロシア人が経済的な自信を持ち、
「自分なら返済できる」と将来の収入増加を見込んで、
より多くのお金を借りるようになり、
また、
これまで借り入れができなかった人も「お金が借りられる」ことに気づき、
金利30%でも40%でも積極的に借金をおこなっているとのことです
経済専門家はこの数字について「ロシア経済は完全に間違った方向に進んでいて、
将来の大幅な金利上昇が予想される」と警告を発しています
3番目
ロシアのプロパガンダテレビ番組の「Voyennaya priyemka」は、
「M113はロシアのBTR82の敵ではない」として、
ウクライナで鹵獲したM113装甲兵員輸送車両の破壊実験をおこないました
番組ではロシア軍のBTR82に搭載されている30ミリ機関砲でM113を狙い撃ちしましたが、
100メートルの至近距離から狙ったにも関わらず、
ほとんどの弾は狙いを外し、
2発だけ命中したことが話題となっています
ちなみにM113の装甲はアルミニウム合金でできていて、
正面装甲は7.6ミリ機関銃の弾程度なら防ぐことができます
■それでは、
各地域の戦況です
戦況の変化のあるところを中心にお伝えします
その変化は大画面でフルスクリーン表示にしていただくと、
日付とともに追いかけることができます
●北東部 ハルキウ方面
5月10日にロシア軍が国境を越えて軍事侵攻をおこなったハルキウ方面の戦況についてお伝えします
この方面でロシア軍は12回攻撃をおこない、
10回はウクライナ軍が撃退し、
2回の地上戦が継続中となっています
○ボフチャンスク方面
この方面でロシア軍は続々と戦闘拒否をおこなっていて、
ウクライナ軍のヴォロシン報道官によると、
ロシア軍の第153戦車連隊の兵士が新たに戦闘を拒否したと報告しています
また、
「アゾフスタルのために」と題された位置情報つきの映像では、
ロシア軍の第83空挺旅団が包囲されている骨材工場をウクライナ軍が空爆し、
ロシア軍の投降を促しています
ご覧いただいているのはウクライナ側のもので、
地図で示した工場の様子となっています
また、
ヴォフチャンスクの18キロ東にあるロシア領内のクラスノエでは、
ウクライナ軍の第71機械化旅団が、
ロシア領内に侵入し、
ウクライナ国旗を掲げた記録があります
いずれも戦況図に変更はありません
●北東部 ルハンスク州方面
●東部 チャシフヤール方面
クピャンスクから
チャシフヤール方面の戦況についてお伝えします
この方面でロシア軍はクピャンスク方面で9回、
スバトベ・クレミンナ線で19回、
シベルスク周辺で19回、
チャシフヤール周辺では
ロシア軍の小規模な浸透作戦が続き、
トレツクの方向に15回攻撃をおこないました
○クピャンスク方面
クピャンスクのほぼ東にあるキスリフカでは、
位置情報つきの映像によるとロシア軍の攻撃を、
ウクライナ軍がドローンで撃退しています
ご覧いただいているのはウクライナ軍の
第43機械化旅団の手裏剣グループという
ドローン部隊のもので、
地図で示した場所に攻撃して撃退された
BMP1歩兵戦闘車を破壊している様子となっています
戦争研究所ではロシア軍が前進したとしていますが、
周辺にロシア兵が展開して拠点化した様子がなく、
戦況図に変更はありません
○スバトベ・クレミンナ線
この方面では引き続きウクライナ軍が
ロシア軍を後退させています
ロシア軍は以前は10人の兵士を失うごとに
11人の補充が到着していましたが、
最近は9人しか補充されないとのことで、
ロシア軍と契約する兵士が
減少している可能性があります
1番目
テルニーからヤンポリフカでは、
ウクライナ軍の第12アゾフ特殊作戦旅団によると、
ウクライナ軍はこの付近で攻撃をおこない、
ロシア軍の数十の装備を破壊し、
数百人のロシア兵が無力化されたと伝えています
一方ロシア軍もドローンと
サーモバリック爆弾で反撃をおこなっていますが、
劣勢を跳ね返すことはできていないようです
ご覧いただいているのはそのアゾフ旅団のもので、
この付近で活動する
ウクライナ兵の1人称映像となっています
ロシア軍の反撃の位置などを考慮して、
ウクライナ軍はヤンポリフカの森林で
前進したことが判明しましたので、
ロシア軍の占領地を縮小させ、
ロシア軍占領地の一部を
ウクライナ軍が奪還したとして戦況図を更新しました
面積は1.6平方キロほどになります
2番目
またウクライナ軍はディブロバの西で
攻撃作戦をおこない、
複数の戦車でロシア軍陣地を攻撃しています
ご覧いただいているのは地図で示した場所で
活動しているウクライナ軍のT64BVの様子になります
こちらは係争地内の出来事で、
今のところは戦況図に変更はありません
3番目
さらにウクライナ軍は
セレブリャンスキーの森林で奪還作戦をおこない、
その中でドネツ川で舟艇を使った上陸作戦で、
一部地域を奪還した可能性が高いのですが、
奪還した範囲がはっきりしないので、
確認ができたらまたお知らせします
おそらく森林の南の端の
ドネツ川沿いではないかと思われます
○シベルスク周辺
ロシア軍はこの方面の攻撃を増加させ、
状況は緊迫しています
ロシア軍は特にロズドリフカに攻勢をおこなっていて、
占領に向けて戦力を集中させています
またロシア国防省はロズドリフカの占領を発表しましたが、
これはウクライナ軍の士気を低下させようとする
プロパガンダの一環と思われます
位置情報つきの映像によると、
ロシア軍は地図で示した場所で
ウクライナ軍に攻撃をおこなっていることから、
現在この付近が最前線になっています
ウクライナ軍は地図の場所にある
ウクライナ軍の防衛線からでて、
集落の北の端で抵抗を続けていると考えられます
その範囲を係争地の拡大として戦況図を更新しました
○チャシフヤール方面
この方面では戦況図に影響のある情報はなく、
焦点となっている前哨地のカナルでは、
双方が浸透作戦をおこない、
互いに相手の陣地に侵入する中で上空から
ドローンが監視して攻撃をおこなっています
○トレツク方面
この方面でウクライナ軍の参謀本部は
ロシア軍の攻撃のうち14回を撃退し、
1回は地上戦が継続していると伝えています
またロシア国防省は
シュミィの住宅地を占領したと発表しました
一方戦況図ではいまのところ確認できる情報がなく、
変更はありません
少し地図を引くと、
ロシア軍はトレツクとニウヨークを占領し、
コンスタンチノフカを占領することを
狙っている模様です
しかしそのためには大幅な増援が必要となり、
今のロシア軍にそこまでの余裕はなさそうです
●南東部 ドネツク州
アウディーイウカ、
マリンカ、
ヴェリカノヴォシルカ方面の戦況についてお伝えします
作戦に影響を与えるアウディーイウカの天気は、
はれ
最低気温18度、
最高気温30度
今日の天気も、
はれの予報となっています
○アウディーイウカ方面
この方面でロシア軍は様々な方向に29回
攻撃をおこないました
1番目
このうちソキルでは、
昨日の動画でロシア軍が集落内で
前進した可能性があるとお伝えしましたが、
位置情報つきの映像によるとウクライナ軍が
地図で示した場所に砲撃をおこなっていることから、
ロシア軍が町の主要な部分を占領したと考えられます
ご覧いただいているのは
ウクライナ軍の毎日の戦況報告のもので、
地図で示した場所の様子となっています
この場所までを係争地から
ロシア軍が占領したとして戦況図を更新しました
今回のロシア軍の前進により、
ウクライナ軍の主防衛線まで1キロほどになりました
それ以外についてはロシア軍の攻撃回数は多いものの、
ウクライナ軍が防衛し、
戦況図に変更はありませんでした
○マリンカ方面
○ベルカノボシルカ方面
この方面でロシア軍は11回攻撃をおこない、
ウクライナ軍は5回撃退し、
6回は地上戦が継続中となっています
また、
ベルカノボシルカ方面ではウロジャインで
ロシア軍が前線を突破しようとしている
との情報がありますが、
ウクライナ軍が防衛し、
いずれも戦況図に影響のある情報はありませんでした
●後方地域
クリミア大橋ではウクライナのハッカー攻撃により、
ミランダメディアとケルチFMのウェブサイトが機能停止し、
クリミア大橋についての交通情報が
提供できなくなったため、
大渋滞が発生した情報があります
また、
クリミア大橋付近の店舗に対して
フィッシング攻撃があり、
客が会計できなくなったとの情報もあり、
クリミア大橋で300台の車が立ち往生した
との情報があります
●南部 ザポリージャ州
●南部 ヘルソン州
この方面では攻撃も低調で、
戦況図に変更のある情報はありませんでした
今日は以上です
戦況の分析やニュースの感想、
最新情報など是非コメント欄にお寄せください
ご視聴いただきありがとうございました