米「パトリオット」をウクライナに優先供与で他国への計画見直し(2024年6月21日)

米「パトリオット」をウクライナに優先供与で他国への計画見直し(2024年6月21日)

 アメリカ・バイデン政権の高官はアメリカ軍の主力地対空ミサイルシステム「パトリオット」について、ウクライナへの提供を優先するため他国への供与計画を見直すと発表しました。

 カービー大統領補佐官は20日、ウクライナの戦況について「ロシアがウクライナの都市や民間インフラへのミサイル攻撃などを加速させている」と指摘しました。

 そのうえで「アメリカ政府として困難だが必要な決断」として地対空ミサイルシステム「パトリオット」をウクライナに優先的に提供し、すでに決まっている他国への供与計画を後ろ倒しに見直すと発表しました。

 パトリオットの優先供与でウクライナ軍の防空能力の強化を急ぎたい考えで、カービー補佐官は「ロシアがウクライナや我々より長生きできると考えているのなら全くの間違いだ」と強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp