プーチン大統領 平和条約交渉について “条件が整っていない” NHK プーチン大統領

プーチン大統領 平和条約交渉について “条件が整っていない”   NHK   プーチン大統領

ロシアのプーチン大統領は、日本との間で中断されている北方領土問題を含む平和条約交渉について「対話を継続するための条件が整っていない」などと述べ、再開のためには日本側がまず政策を変更すべきだと主張しました。日本への強硬な姿勢を改めて示した形です。
プーチン大統領は、5日、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクで開かれている国際経済会議にあわせて、日本や欧米、中国など各国の通信社の代表との会見に臨みました。

この中で、プーチン大統領は、日本との間で中断されている北方領土問題を含む平和条約交渉について「現在、平和条約に関する日本との対話を継続するための条件が整っていない。われわれは再開を拒否しないが、必要な条件が整えばの話だ」と述べました。

そして「日本はロシアの戦略的敗北を達成するための試みに加わると発表したが、これが平和条約に関する対話の継続の障害にならないだろうか」とも述べ、交渉再開のためには日本側がまず政策を変更すべきだと主張しました。

ウクライナへの軍事侵攻以降、欧米と歩調を合わせてロシアに制裁を科す日本に対して、プーチン大統領が強硬な姿勢を改めて示した形です。

林官房長官は午前の記者会見で「日本側に責任を転嫁しようとするロシア側の対応は極めて不当で、断じて受け入れられない」と強調しました。

そのうえで、北方領土問題を含む平和条約交渉について「ロシアの侵略によって日ロ関係は厳しい状況にあり、何か具体的に申し上げられる状況にはないが、問題を解決し平和条約を締結するとの方針を堅持していく」と述べました。

また、プーチン大統領が北方領土を訪問する可能性を改めて示唆したことについては、「ロシア要人による北方領土訪問はわが国の立場と相いれない。引き続き今後の状況を注視し、適切に対応していく」と述べました。

また、プーチン大統領はことし1月、北方領土について「将来必ず行くつもりだ」と初めて訪問する可能性を示唆していましたが、5日の会見で「これらの島々を訪問しない理由はないが、正直なところ別の問題で忙しくまだ計画はない」と述べ、今のところ、具体的な訪問予定はないものの、今後の訪問の可能性を改めて示唆しました。

欧米側を強くけん制 報復措置をとる構え
アメリカなどがウクライナに対し、自国が供与した兵器でロシア領内を攻撃することを許可したことについて「われわれは確実に防空体制を強化し、西側の兵器を破壊する」と述べました。

そのうえで「もし、われわれの領土を攻撃するために、そのような兵器を戦闘地域に供与することを判断するならば、なぜ、われわれがそうした行為を行う国の機密施設を攻撃できる地域に、同様の兵器を送る権利を持たないというのか」と述べ、報復措置をとる構えを示し、欧米側を強くけん制しました。

また、プーチン大統領は「なぜか西側諸国は、ロシアが核兵器を決して使わないと信じている。もし誰かの行動がわれわれの主権と領土一体性を脅かす場合、あらゆる手段を行使することが可能だ」と述べて、核戦力を誇示して欧米側を威嚇しました。