【ロシア領への攻撃で戦況はどうなる?】プーチン氏は火遊びと警告 ゲスト:兵頭慎治(防衛省防衛研究所 研究幹事)小谷哲男(明海大学教授)6月4日(火)BS11 報道ライブインサイドOUT

【ロシア領への攻撃で戦況はどうなる?】プーチン氏は火遊びと警告 ゲスト:兵頭慎治(防衛省防衛研究所 研究幹事)小谷哲男(明海大学教授)6月4日(火)BS11 報道ライブインサイドOUT

ロシア領攻撃への容認論は欧州で広がるが、米国は戦闘の拡大を懸念し、これまでウクライナ国外での武器使用を認めていなかった。こうした中、バイデン政権は米国が供与した武器で、ロシア国内を攻撃することを条件付きで認めた。対露戦略の大転換の背景は?劣勢のウ軍は局面打開となるか?
こうした米欧の変化にロシアは猛反発。プーチン大統領は西側諸国が露領内への攻撃を認めれば「世界的紛争の引き金になる」とけん制。その上で、戦術核兵器部隊の軍事演習を実施し欧米を威嚇する。プーチン氏は次にどんな軍事作戦を準備しているのか?
ゲストは、防衛研究所研究幹事の兵頭慎治氏と明海大学教授の小谷哲男氏。「苦戦のウクライナvs.猛攻仕掛けるプーチンの露軍」。今後、こうした構図は変わるのか?ウクライナの最新戦況を交え徹底分析する。

#岩田公雄 #上野愛奈 #兵頭慎治 #防衛省防衛研究所 #小谷哲男 #明海大学 #ロシア領への攻撃 #戦況 #プーチン #米国 #ウクライナ #ロシア #バイデン政権 #対露戦略 #西側諸国 #世界的紛争 #戦術核兵器部隊 #軍事演習 #bs11 #インサイドout