ウ軍強よ【戦慄】ロシア兵88%が一瞬であの世行き【マスコミが伝えないウクライナ戦況図】ウ軍324発のHIMARSをロシアに打込む|ロシア軍ハルキウ侵攻泥沼化|ロシア財政破綻まっしぐら 計画の2倍赤字

ウ軍強よ【戦慄】ロシア兵88%が一瞬であの世行き【マスコミが伝えないウクライナ戦況図】ウ軍324発のHIMARSをロシアに打込む|ロシア軍ハルキウ侵攻泥沼化|ロシア財政破綻まっしぐら 計画の2倍赤字

【6月4日ウクライナ情勢 概要】
テレグラム→https://t.me/UKR_RU_WarMap
0:00 はじめに
0:36 ウクライナ戦況の全般的な事柄
1:52 ウクライナとロシア情勢に関する最新ニュース
2:05 ロシア財政 計画の2倍の財政赤字で破綻まっしぐら 頼みの石油基金も底見える
3:41 324発のHIMARSが数日でロシア領内に打ち込まれる
4:34 ロシア アメリカに警告「プーチンの言うことを聞け」
5:18 ウクライナ各地域の戦況
5:35 北東部 ハルキウ方面 リプツィ、ボフジャンスクの戦況
9:53 北東部 ルハンスク州 東部 バフムト方面 ハルキウ テルニー チャシフヤールの戦況
11:08 南東部 ドネツク州アウディーイウカ、マリンカ方面の戦況
13:27 後方地域の爆発炎上事件
13:59 南部 ザポリージャ州 ヘルソン州の戦況

#ウクライナ戦況
#ロシア軍
#プーチン大統領

マスコミが絶対に伝えない最新のウクライナ戦況を地図を使ってわかりやすく解説!1日2回戦況を更新しています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめています。
●過去の動画は再生リストから

●英語版
https://www.youtube.com/@UkraineMilitaryMapSumaito/videos
■より快適に見るには
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍 青:ウクライナ軍 オレンジ:係争中
・地図の下に縮尺、一辺10kmの正方形が所々あります
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表 損失比から推定
●noteに内容を全文掲載
 https://note.com/sumaitotoushi/
■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net
利用は規約に沿って確認の上行っています。

ウクライナ情勢に関するニュースを厳選して、
簡単にお伝えします
YouTubeのチャプター機能で必要なところを見ることもできます
1番目
ロシア財務省は、今年の財政を予算案の1兆5900億ルーブル(2.8兆円)の赤字から2兆1200億ルーブル(3.8兆円)の赤字に大幅に拡大修正しました
その理由は、石油・ガス収入が予想を下回ったためとしています
一方エストニアの軍事専門家によると、4月時点でロシアの財政赤字はすでに計画の2倍の4兆ルーブル(7.2兆円)に達しているとのことで、もはや財政は破綻寸前となっている可能性があります
これに加え、戦争とインフレによるコスト上昇もあるはずですが、公式発表では今回考慮されていません
ロシアのインフレ率は公式統計では7%台ですが、先の軍事専門家によると実際は15%から20%に達し、これもロシア財政の悪化の原因となると伝えています
ロシア財務省では財政の穴を埋める財源を示していませんが、アナリストによると、過去の石油収入をプールした国民福祉基金を取り崩してまかなわれるだろうとしています
しかし国民福祉基金も残り200億ドル(3.2兆円)と言われ、底が見えている状態となっています
ロシアでは増税を発表したばかりですが、それでも戦争費用をまかなうことはできず、クレムリンの侵略戦争がロシア経済を容赦なく破壊している結果となっています
2番目
ウクライナ軍はここ数日でロシア領内に向けて少なくとも324発のHIMARSミサイルを発射した模様です
SNSでは、発射後に空になったコンテナ写真が掲載され、数えると54個あったとのことです1つのコンテナには6発のミサイルが装填されるので、ミサイルの合計で324発となります実際にはこれよりも多いものと思われます
また別の報告では、HIMARSによりベルゴロドにあるS300/400防空システムが破壊されたとの情報があります
HIMARSがロシア最新のS300/400防空システムを破壊したのは初めてで、写真と映像では破壊された防空システムの様子が確認できます
3番目
ロイターによると、ロシアのリャブコフ外務次官は、「アメリカがロシア国内の標的を攻撃するための兵器をウクライナに使用させた場合、致命的な結果に直面する可能性がある」と警告しました
また同氏は、「米国はビデオゲームと同じように考えているのではないか?そんな時間があるなら、プーチン大統領の発言を詳しく研究することに時間を使うべきだ」と述べました
一方、NATOのストルテンベルグ事務総長は先週、「NATOはウクライナの自衛権を支援することができるが、これはNATOが紛争の当事者になるわけでない」と発言しました
■それでは、各地域の戦況です
戦況の変化のあるところを中心にお伝えします
その変化は大画面で
フルスクリーン表示にしていただくと、
日付とともに追いかけることができます
●北東部 ハルキウ方面
ロシア軍がハルキウの国境線沿いに
侵攻してから24日になりました
ハルキウの天気は雷雨のちくもり
最低気温16度、最高気温29度
今日の天気予報は、くもりとなっています
この方面でウクライナ軍は
ベルゴロドとクルスクのロシア軍の軍事目標を攻撃し、
ボフチャンスクの北にある
ロシア領内のシェビキノにはロケット砲の攻撃を
おこないました
ロシア軍の攻撃の勢いは低下し、
この方面のロシア軍は大きな損失をこうむり、
再編成を余儀なくされていると考えられます
また、ロシア軍の第1009連隊第5中隊に所属していた
ロシア兵がSNSに投稿し、
ヴォフチャンスクでの戦いについて説明しました
それによると、「訓練を受けていない兵士が
前線にドローンと機関銃の前に送り込まれ、
撤退は許されていない
部隊は次々と壊滅し、
次々と新しい部隊が送り込まれている
自分の部隊は100人いたが12人しか残らなかった」
と述べました
また同じボフチャンスクではロシア軍が投降し、
ウクライナ軍が60人のロシア兵を
捕虜にしたとの情報もあります
○スームィ方面
昨日、18両のロシア軍の車列が撃退されたと
お伝えしましたが、
今日も別の国境近くの境界森林で
ロシア軍の車列がウクライナ軍のドローンにより
攻撃を受け、車両が次々と破壊されました
ご覧いただいているのはウクライナ側のもので、
地図で示した場所の様子となっています
○リプツィ方面
この方面でロシア軍はフリボケで
攻撃をおこなっていますが、ウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありません
○ボフチャンスク方面
この方面ではロシアの軍事ブロガーもウクライナ軍の
反撃が激化していると不満を述べています
1番目
スタリツァでは、位置情報つきの映像によると、
ロシア軍が攻撃を仕掛けたところ、
地図で示した場所でウクライナ軍の待ち伏せ攻撃にあい、
砲撃で部隊が全滅しました
ご覧いただいているのはウクライナ軍の
第101参謀本部防衛旅団のもので、
地図で示した場所に設定した
ウクライナ軍のキルゾーンに入ってきたロシア兵の
様子となっています
この部隊はもともと首都キーウの防衛をおこなう部隊
となっています
ロシア兵がこの後どのようになったかは
テレグラムに載せておきますので、
興味のある方はご覧下さい
2番目
ボフチャンスクでは、
市街戦となっていますが、
係争地内でウクライナ軍が家々を奪還しています
位置情報つきの映像によると、
ドゥコフナ通りとゾフトネヴァ通りの角にある家では、
ロシア軍が拠点として使っていましたが、
ウクライナ軍のリュート部隊が突入して撃退しました
ご覧いただいているのはウクライナ側のもので、
地図で示した場所の様子となっています
ここまで、戦況図に変更はありません
3番目
ティケの北では、位置情報つきの映像によると
ロシア軍のトラックをベースに改造した掘削機が
破壊された画像があり、
この場所がもはやロシア軍の占領下にない
ことが確認されました
戦況図では、ここまでロシア軍の占領地を
縮小させました
面積は4.5平方キロほどになります
ロシア軍は攻撃のペースは落ちたものの、
ボフチャンスクで攻撃をおこなう姿勢を崩さず、
さらに第72自動車化ライフル師団と
第41自動車化ライフル連隊を投入し、
損失を計上しながら攻撃を続け、
ロシア軍のハルキウ攻勢は泥沼化していく
ものと考えられます
●北東部 ルハンスク州方面
●東部 チャシフヤール方面
クピャンスクからチャシフヤール方面の
戦況についてお伝えします
この方面でロシア軍は、
クピャンスク方面で6回、
スバトベ・クレミンナ線で4回、
シベルスク周辺で7回、
チャシフヤール周辺で7回
攻撃をおこないました
○チャシフヤール方面
ロシア軍は昨日の動画でお伝えした攻撃が撃退され、
次回の攻撃に向けて部隊の補充、
再編をおこなっている模様です
そのうちカリニフカでは、
ロシア軍が砲撃でウクライナ軍の動きを
封じようとしています
ロシア軍はカリニフカに
第200自動車化ライフル旅団を配置して
攻撃の準備をおこなっています
それ以外にはウクライナ軍の参謀本部によると、
ロシア軍はアンドリフカの鉄道駅に
攻撃を仕掛けましたが、
この攻撃はウクライナ軍が撃退し、
結局この方面で戦況図に影響のある情報は
ありませんでした
●南東部 ドネツク州
アウディーイウカ、
マリンカ、
ヴェリカノヴォシルカ方面の戦況についてお伝えします
○アウディーイウカ方面
ロシア軍はこの方面で様々な方向に17回の攻撃を
おこないました
ロシア軍はノヴォオレクサンドリフカと
ソキルに戦力を集中させて前進を図りましたが、
ウクライナ軍が引き続き防衛しています
このうち
ここ最近連日お伝えしているネタイロヴェでは、
位置情報つきの映像によるとロシア軍が
高速道路沿いに前進し、
ウクライナ軍のドローンが地図で示した
ヴォルナ休暇村に攻撃をおこなっていて、
ロシア軍がこの場所まで浸透してきました
ご覧いただいているのはウクライナ軍のもので、
地図で示した場所の様子となっています
この場所をウクライナ軍の支配地から係争地と
ロシア軍の占領地に戦況図を更新しました
それ以外はロシア軍の攻撃はウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありませんでした
○マリンカ方面
この方面でロシア軍は6回攻撃をおこない、
5回の攻撃はウクライナ軍が撃退し、
マリンカの北にあるクラスノホリフカで
地上戦が継続しています
クラスノホリフカでは、
ロシア軍は家から家に渡り歩いて
占領地を広げようとしていて、
位置情報つきの映像によると、
ウクライナ軍のドローンが地図で示した場所にある家に
いるロシア軍を攻撃していることから、
この付近までロシア軍が前進したとして
戦況図を更新しました
それ以外はロシア軍の攻撃はウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありません
○ヴェリカノヴォシルカ方面
この方面でロシア軍はスタロマイオルスクと
ウロジャインに3回攻撃をおこないましたが、
ウクライナ軍が前進を阻止し、
戦況図に変更はありませんでした
●後方地域
ロシア占領下のルハンスク州の不明な場所で、
ウクライナ軍の特殊作戦部隊は
ロシアのカスタ2E2移動式レーダーを破壊しました
このレーダーは最先端の空域管制システムで、
ステルス戦闘機を検知することや、
低高度で飛行する目標を識別することができる
とされています
また、攻撃には
最新のドローンが使われたとのことですが、
詳細は不明となっています
●南部 ザポリージャ州
●南部 ヘルソン州