ロシア戦勝記念日 軍事パレードは大幅縮小 プーチン大統領は西側諸国けん制(2024年5月10日)

ロシア戦勝記念日 軍事パレードは大幅縮小 プーチン大統領は西側諸国けん制(2024年5月10日)

 第二次世界大戦の戦勝記念日を迎えたロシアでは、モスクワで軍事パレードが行われました。去年に続いて大幅に縮小された形となりました。

ロシア プーチン大統領
「ロシアは今、困難で危機的な時期を迎えている。祖国の運命、その将来は我々一人ひとりに掛かっている」

 雪のちらつくなか行われた式典で、プーチン大統領は侵攻から2年が過ぎて膠着(こうちゃく)状態が続くウクライナ情勢を念頭に、国民の結束を訴えました。

 さらに「ロシアは世界的な対立を避けるため、あらゆる手段を講じるが、それを脅かすものは許さない」と述べたうえで、「ロシアの核戦力は常に戦闘準備が整っている」とロシアと対立するウクライナと西側諸国を牽制(けんせい)しました。

 軍事パレードの規模は去年に引き続き縮小していて、ウクライナ侵攻で使われている主力戦車などは参加しませんでした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp