ロシア正教トップがプーチン大統領に「恐るべき決断必要」(2024年5月8日)

ロシア正教トップがプーチン大統領に「恐るべき決断必要」(2024年5月8日)

 ロシア正教会のトップが通算5期目の任期を始めたプーチン大統領に対し、「国家元首には恐るべき決断が必要だ」などと述べました。

キリル総主教
「紛争が絶えないため、国家元首は時に運命的で恐るべき決断を下さなければならない」

 ロシア正教会のキリル総主教は7日、プーチン大統領の通算5期目の就任式後にクレムリン内の教会でプーチン氏への特別礼拝を行いました。

 その後の演説で、「国家元首が恐るべき決断を下さなければ国民、国家が危険に陥る可能性がある」などと述べました。

 さらにプーチン大統領を中世ロシアの英雄でドイツ騎士団を打ち破ったアレクサンドル・ネフスキーに重ね、「ネフスキーは敵を容赦しなかったことで聖人となった」などと述べました。

 ウクライナへの侵攻を正当化するとともに、さらなる攻撃の激化などを後押しする発言とみられます。

 プーチン大統領は伏し目がちにキリル総主教の演説を聞いていました。

 また、キリル総主教は演説の最後に「神よ、プーチン大統領がいつまでも権力の座にとどまりますように」と、プーチン氏の終身大統領を望むような発言をしましたが、ロシア正教会の公式映像からは削除されています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp