ウクライナ軍事侵攻の行方―「西側の論理」から(ウェビナー)

ウクライナ軍事侵攻の行方―「西側の論理」から(ウェビナー)

開催日時: 2024年2月24日(土) 14:00-16:00
形式:オンライン(ZOOMウェビナー)

外交・安全保障調査研究事業費補助金「国際理念と秩序の潮流:日本の安全保障戦略の課題」(発展総合事業)の研究会「『西側』の論理の検証と再構築」が開催したウェビナーです。

ウクライナへの軍事侵攻。その戦闘開始からちょうど2年となる2月24日に、欧州の外交/安全保障の専門家である、細谷雄一・慶應義塾大学教授、岩間陽子・政策研究大学院大学教授、合六強・二松学舎大学准教授、鶴岡路人・慶應義塾大学准教授、東野篤子・筑波大学教授が研究会のテーマである「西側の論理」を出発点に、現状と今後の展望について報告・議論しました。

登壇者:
岩間陽子・政策研究大学院大学教授
東野篤子 ・筑波大学教授
鶴岡路人 ・慶應義塾大学准教授
合六強・二松学舎大学准教授
細谷雄一(司会)・慶應義塾大学教授