ATACMS追加供与へ【ロシア絶望】アメリカ軍事支援今週中に発送【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】クリミアの貴重なロシア軍艦無残に破壊|ウクライナ軍各所で反撃はじめる

ATACMS追加供与へ【ロシア絶望】アメリカ軍事支援今週中に発送【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】クリミアの貴重なロシア軍艦無残に破壊|ウクライナ軍各所で反撃はじめる

【4月22日ウクライナ情勢 概要】
テレグラム→https://t.me/UKR_RU_WarMap
0:00 はじめに
1:18 ウクライナ戦況の全般的な事柄
2:30 ウクライナ・ロシア情勢最新ニュース
2:40 ウクライナにATACMS追加提供 今週発送
3:12 ウクライナ支援拒否だったジョンソン議長はなぜ意見を変えたのか?
4:20 クリミアにドローン攻撃ロシア貴重な軍艦失う
5:01 各地域の戦況
5:15 北東部 ルハンスク州 東部 バフムト方面 テルニー チャシフヤールの戦況
8:36 南東部 ドネツク州アウディーイウカ、マリンカ方面の戦況
12:29 後方地域の爆発炎上事件
13:10 南部 ザポリージャ州 ヘルソン州の戦況

#ウクライナ戦況
#ロシア軍
#プーチン大統領

マスコミが絶対に伝えない最新のウクライナ戦況を地図を使ってわかりやすく解説!1日2回戦況を更新しています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめています。
●過去の動画は再生リストから

●英語版
https://www.youtube.com/@UkraineMilitaryMapSumaito/videos
■より快適に見るには
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍 青:ウクライナ軍 オレンジ:係争中
・地図の下に縮尺、一辺10kmの正方形が所々あります
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表 損失比から推定
●noteに内容を全文掲載
 https://note.com/sumaitotoushi/
■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net
利用は規約に沿って確認の上行っています。

ウクライナ情勢に関するニュースを簡単にお伝えします
YouTubeのチャプター機能で必要なところを見ることもできます
1番目
アメリカ上院情報委員会のマイクワーナー委員長は、NBCニュースのインタビュー番組に登場し、
下院で通過したウクライナ支援法案は23日に上院で採決され、その後バイデン大統領に送付され署名されるだろうと述べました
さらに「週末までにはウクライナへの支援物資が送られる」と述べ、「支援物資の中には(長距離地対地ミサイルの)ATACMSが含まれる」とも語りました
2番目
ニューヨークタイムズは、当初「ウクライナへの資金提供は支持しない」と主張していたジョンソン議長がなぜ意見を変えたかについて、3つの理由を伝えました
一つ目は、インテリジェンスデータで、
議会関係者がホワイトハウスに集まった時、安全保障担当の政府高官から「ウクライナが急速に弾薬を枯渇させつつあり、それが壊滅的な結果を招く」と説明されたとのことです
二つ目は政治的圧力の増大で、
「民主党や共和党の一部の議員までウクライナ支援を積極的に主張し、自分の立場が難しくなったことに気がついた」としています
三つ目はゼレンスキー大統領と会談した際、
ロシア軍の無差別砲撃によるウクライナ国民の苦しみについて聞いた話に、キリスト教徒として衝撃を受けたとのことです
記事では、共和党の右派からの批判にさらされながらも、最終的にどうやって支援するかに考えを変え、法案の成立に尽力することとなったと伝えています
3番目
ウクライナ海軍のプレテンチュク報道官は、貴重なロシア黒海艦隊のコムナ救助船を攻撃したと伝えました
攻撃は成功し、船は任務を遂行できない状態だと伝えています
別の映像では風が強い中、何かが燃えて煙が出ていることが確認できます
コムナは潜水艦救助船に分類され、
ロシア艦隊で最も古い軍艦で、1915年に就役し、二つの世界大戦を経て最近では巡洋艦モスクワの撃沈現場を調査した記録があります
■それでは、各地域の戦況です
戦況の変化のあるところを中心にお伝えします
その変化は大画面のフルスクリーン表示で
日付とともに追いかけることができます
●北東部 ルハンスク州方面
●東部 バフムト方面
スバトベ・クレミンナ線、
シベルスク周辺からバフムト方面の
戦況についてお伝えします
この方面でロシア軍は、
スバトベ・クレミンナ線で12回、
シベルスク周辺とバフムト方面で28回
攻撃をおこないました
○シベルスク周辺
1番目
ビロホリフカでは鉱山の南で
地上戦となっています
位置情報つきの映像によるとウクライナ軍は
鉱山の南に攻撃を仕掛け、
地上戦となっています
ウクライナ軍の歩兵部隊がバイクで
鉱山のふもとの道路を進み、
ロシア軍がクラスター砲弾で
砲撃したところが確認できます
偵察部隊にしては規模が大きく、
ロシア側の情報では、
ウクライナ軍は70名の規模で森林に入り、
奪還を試みたとしています
お見せしているのはロシア側のもので、
地図で示した場所の様子となっています
この付近は3月末から4月にかけて
ロシア軍が占領したところでしたが、
再度係争地に更新しました
2番目
またウクライナ軍は
ベルホノカミャンスケの東の
ドネツクルハンスク州境でも反撃をおこない、
境界の東のルハンスク州側で陣地戦を制しました
ロシア軍はサーモバリック爆弾で
奪われた陣地を攻撃していることから
判明しました
この付近を係争地から
ウクライナ軍が奪還したとして
戦況図を更新しました
○チャシフヤール方面
この方面でロシア軍は5月9日までに
占領する命令を受けていて、
天候も良くそろそろ大攻勢を
仕掛ける時期だとは思いますが、
足下のロシア軍の攻勢の勢いは低下しています
これが一時的なものかどうか、
次の攻撃を準備しているのかもしれません
ウクライナ国家警備隊の将校は、
ロシア軍は最も整った部隊を
チャシフヤール攻撃に配置し、
損失も補填し続けているため、
ロシア軍はチャシフヤール占領に向けて
真剣に取り組んでいると伝えました
その中でボホダニフカでは、
ロシア軍は地図で示した場所に
対戦車ミサイルでウクライナ軍を
攻撃していることから、
ウクライナ軍がこの場所まで
前進したことが確認できます
お見せしているのは地図で示した場所で
ロシア軍がウクライナ軍の車両を発見し、
攻撃する直前の様子となっています
ボホダニフカはすでにロシア軍の占領地として
表示しているところがいくつかありますが、
ロシア軍は町の中央の通りの東側の低地を
占領していると考えられ、
完全に占領したとまでは言えない模様です
戦況図には変更はありません
それ以外にこの方面では、
戦況図に影響のある情報はありませんでした
●南東部 ドネツク州
アウディーイウカの天気は、くもり
最低気温は7度、最高気温は18度
今日の天気予報は、はれとなっています
昨日もお伝えしたとおり
強い風が吹く時間帯があります
アウディーイウカ、
マリンカ、
ブフレダール方面の戦況についてお伝えします
○アウディーイウカ方面
この方面でロシア軍は32回
攻撃をおこないました
ロシア軍は部隊をどんどん入れ替えて
攻撃のペースを維持しようとしていますが、
戦況の変化はごくわずかとなっています
また情報ではこの方面で活動する
ロシア中央軍団は8万6000人いる
と言われていますが、
戦車は280両、
装甲車両は760両程度しかなく、
歩兵による突撃を繰り返すしかない状況となっています
1番目
ノヴォカリノベでは、
この日は目立った戦闘はなく、
ロシア軍は空爆と多連装ロケットを
綿密に打ち込んで次の攻撃の準備を
おこなっています
2番目
オチェレティネでは、
位置情報つきの映像と
その他の情報を総合すると、
ロシア軍は青い屋根の変電所を再度占領し、
駅の南の住宅地では、
東から2街区ほど前進しました
またロシア軍はウクライナ軍陣地に対し
近接空爆を実施し、
ロシア軍の前進を支援しています
お見せしているのはロシア側のもので、
地図で示した場所の様子となっています
戦況図ではこの付近まで
係争地を拡大させました
3番目
ベルディチでは、地図で示した場所で
ロシア軍の戦車が炎上している映像があり、
この場所が最前線となっていることが確認でき、
またロシア軍が川の西側で
多連装ロケットで10回攻撃をおこない、
ウクライナ軍の動きを封じ込めようとしています
それ以外については、
ロシア軍の攻撃はウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありません
○マリンカ方面
この方面でロシア軍はヘオリイフカから
ウロジャインまでの間で25回
攻撃をおこないました
1番目
ノヴォミハイリフカでは、
ロシア軍が町の中央で占領を示す旗を掲げました
一方町の西の端にある建物と、
釣り堀の北の住宅地は
ウクライナ軍が支配していると思われ、
完全な占領ではない模様です
その範囲を係争地から
ロシア軍が占領したとして戦況図を更新しました
ノヴォミハイリフカにロシア軍が
攻撃を開始したのは1月3日で、
ロシア軍は100日かけて市街地の90%を
占領した計算になります
2番目
ウロジャインでは、
一時ロシア軍が町の中に入ってきましたが、
その後ウクライナ軍が押し返し、
現在、地図で示した建物を巡る争いと
なっています
ロシア軍はウクライナ軍の砲撃の中、
装甲車両からロシア兵が飛び出して、
建物に取り付こうとしている
ところとなっています
お見せしているのはウクライナ側のもので、
地図で示した場所の様子となっています
戦況図には変更はありませんが、
攻撃の方向を示す矢印を一部見直しました
●後方地域
昨日ウクライナ軍のドローンが
ベラルーシ国境に近いスモレンスクの
石油タンクに攻撃をおこなったことを
お伝えしましたが、
ウクライナのメディアは、
ウクライナ軍関係者の話として、
ほかにもロシア国内の3つの変電所を
攻撃したことがわかりました
標的はロシアの軍産複合体に
電力を供給するエネルギーインフラで、
映像では、何かが燃えているところが
確認できます
場所は不明ですが、ロシア国防省によると、
50機の無人機をベルゴロド、
カルーガ、
モスクワなど8つの地域で
撃墜したと主張しています
●南部 ザポリージャ州
●南部 ヘルソン州
この方面でロシア軍は
スタロマイオルスクとロボチネで4回
攻撃をおこない、
クリンキーでは3回
攻撃をおこないましたが、
いずれもウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありませんでした
今日は以上です
ご視聴いただきありがとうございました