【ロシア敗北を悟る】ロシア軍重要地点で撤収開始 ペスコフ報道官認める【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】クリミア空軍基地にATACMS飛来で損害多数【共和党強硬派激怒】米ウクライナ支援法案採決へ

【ロシア敗北を悟る】ロシア軍重要地点で撤収開始 ペスコフ報道官認める【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】クリミア空軍基地にATACMS飛来で損害多数【共和党強硬派激怒】米ウクライナ支援法案採決へ

【4月18日ウクライナ情勢 概要】
テレグラム→https://t.me/UKR_RU_WarMap
0:00 はじめに
0:35 ウクライナ戦況の全般的な事柄
1:42 ウクライナ・ロシア情勢最新ニュース
1:52 アメリカ下院 ウクライナ支援法案採決へ 共和党強硬派激怒も万策尽きたか
3:01 クリミアでATACMS攻撃大成功
3:59 ロシア軍撤退へペスコフ報道官認める
4:50 各地域の戦況
5:05 北東部 ルハンスク州 東部 バフムト方面の戦況
9:19 南東部 ドネツク州アウディーイウカ、マリンカ方面の戦況
12:02 後方地域の爆発炎上事件
13:09 南部 ザポリージャ州 ヘルソン州の戦況

#ウクライナ戦況
#ロシア軍
#プーチン大統領

マスコミが絶対に伝えない最新のウクライナ戦況を地図を使ってわかりやすく解説!1日2回戦況を更新しています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめています。
●過去の動画は再生リストから

●英語版
https://www.youtube.com/@UkraineMilitaryMapSumaito/videos
■より快適に見るには
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍 青:ウクライナ軍 オレンジ:係争中
・地図の下に縮尺、一辺10kmの正方形が所々あります
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表 損失比から推定
●noteに内容を全文掲載
 https://note.com/sumaitotoushi/
■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net
利用は規約に沿って確認の上行っています。

ウクライナ情勢に関するニュースを簡単にお伝えします
YouTubeのチャプター機能で必要なところを見ることもできます

1番目
ロイターによると、アメリカのジョンソン議長は、ウクライナを含む軍事支援の採決を土曜日におこなうと表明しました
同時にウクライナ紛争に対処するための608億4000万ドルを含む950億ドル以上の安全保障支援を提供する法案の内容を発表しました
法案の実質的な内容は上院で通過したものとほとんど同じで、違う点はウクライナ支援のうち100億ドルは融資になるよう協議するとの条項が加えられ、
ATACMSを早く送るように義務づける内容もあると伝えるところがあります
CNNでは時の政府が債務を帳消しにするだろうと伝えています
これに対しバイデン大統領は「すぐ署名する」と表明する一方、
共和党の強硬派は激怒し、ジョンソン議長の解任動議を進めるとしていますが、これは反対多数で否決される見込みとなりました
法案は下院で採決後、再度上院で採決され、大統領が署名する手続きとなります

2番目
ウクライナ軍はクリミアのジャンコイの飛行場を攻撃し、正式な発表はありませんが攻撃は成功した模様です
攻撃は複数回おこなわれ、
ロシアの軍事ブロガーは、12発のATACMSが使われたと主張し、ロシア軍の第77対空ミサイル旅団が狙われ、弾薬の二次爆発も発生し、行方不明者22名、負傷者15名と伝えています
一方ウクライナ側からの発表はありませんが、ウクライナ軍南部作戦軍のナタリーフメニュク報道官は、
「軍用飛行場と関連する施設は正当な軍事目標である」と述べ、ウクライナ軍による攻撃があったことを示唆しました

それ以外にもウクライナ軍はロシア領内にある航空機工場、レーダーを破壊していますので、後ほど後方地域の爆発炎上のところでお伝えします

3番目
タス通信はペスコフ報道官の話として、ロシア軍がナゴルノカラバフから早期撤退を決定したと伝えました
アゼルバイジャンの報道ではすでに撤退はおこなわれている模様です
アゼルバイジャンとアルメニアが争っていたナゴルノカラバフでは、2020年11月にロシアの仲介で停戦が実現し、ロシアの平和維持軍が駐留していましたが、昨年のナゴルノカラバフ紛争ではこの部隊が機能せず、地域はアゼルバイジャンの管理下となり、アルメニアは脱ロシアに舵を切りつつあります
戦争研究所では、部隊は1900人規模と小さくてウクライナ戦争に実質的な影響を与えることはないと分析しています

■それでは、各地域の戦況です
戦況の変化のあるところを中心にお伝えします
その変化は大画面のフルスクリーン表示で日付とともに追いかけることができます

●北東部 ルハンスク州方面
●東部 バフムト方面
スバトベ・クレミンナ線、
シベルスク周辺からバフムト方面の
戦況についてお伝えします

この方面でロシア軍は、
テルニーからセレブリャンスキーの森林で9回、
シベルスク周辺とバフムト方面で19回
攻撃をおこないました

○スバトベ・クレミンナ線
昨日ウクライナ軍の反撃をお伝えした
テルニーの7.5キロ東にある
ドネツク・ルハンスク州境では、
ウクライナ軍の反撃作戦が継続しています
ウクライナ軍は防衛の手薄な後方に
攻撃をおこなうことで、
テルニーに迫る最前線のロシア軍を
孤立させるか、
そうでなくても突出部の補給を困難にして
弱体化を図ろうとしています
位置情報つきの映像によると、
地図で示した場所でロシア軍の
BMP歩兵戦闘車など破壊されました
お見せしているのはウクライナ側の
戦術評価の映像となっています

一方ロシア軍はテルニーから2.5キロの地点で
攻撃を仕掛けましたが、
この攻撃はウクライナ軍に撃退されました
戦況図に変更はありません

○チャシフヤール周辺
連日お伝えしていますが、
クレムリンは政治的宣伝のため、
5月9日までにチャシフヤールの占領を
軍に命じています
5月9日はロシアにとって特に重要な日で、
視聴者様から指摘のあったとおり
独ソ戦に勝利しナチスドイツの降伏を
勝ち取った戦勝記念日であり、
今年はプーチン大統領の5回目の
就任式にも重なります

ウクライナ軍の第92突撃旅団の
フェドレンコ指揮官はウクライナの
テレビに登場し、
「この方面でロシア軍は装甲車両による攻撃と
小規模な歩兵をつかった前進を試み、
ウクライナ軍は弾薬が不足している
にもかかわらず、
多数の地雷とドローンで有効に防衛し、
ロシア軍は攻撃をおこなうごとに70%の
戦力を失っている」と述べ、
ロシア軍が機械化攻撃に加え、
歩兵による突撃をおこなっていることを
説明しました

1番目
昨日ウクライナ軍が防衛したとお伝えした
ボホダニフカでは、
位置情報つきの映像によると、
ロシア軍がカリニフカに通じる森林に突入し、
ウクライナ軍のT64が反撃しましたが、
ロシア軍の第200自動車化ライフル旅団の
対戦車ミサイルでコントロールを失い、
水没して乗員が避難した情報があるなど、
激しい地上戦となっています
お見せしているのは地図で示した場所の
様子となっています
動画としてお見せできないものが
含まれていますので、
概要欄のテレグラムチャンネルに
載せておきます

2番目
カナルでは、ロシア軍はドローン、
砲撃、
空爆をおこなっていますが、
地上戦の情報はなく、
ロシア軍はカナルをやり過ごして
南北の郊外からチャシフヤールに
入ろうとしている模様です

3番目
チャシフヤールの南の森林地帯では、
戦況に変化のある情報はありませんが、
ロシア軍は4輪バギーで前線に兵士を送り、
小規模な歩兵で森林に身を隠しながら
浸透を図っています

またその南のT0504号線では、
補給物資を積んだウクライナ軍の車列が
ロシア軍の攻撃を受け、
トラックと装甲車両が破壊または
遺棄された情報があります

ここまで戦況図に変更はありません

それ以外でも、ロシア軍の攻撃は
ウクライナ軍が撃退し、
戦況図に影響のある情報は
ありませんでした

●南東部 ドネツク州
アウディーイウカの天気は、くもり
最低気温は12度、最高気温は24度
今日の天気予報は、くもりとなっています
21日までは風が強い予報で、
時間帯によってはドローンの使用に
影響が出る可能性があります

アウディーイウカ、
マリンカ、
ブフレダール方面の戦況について
お伝えします

○アウディーイウカ方面
この方面でロシア軍は11回
攻撃をおこないました
ロシア軍はこれまでウクライナ軍の
防衛線の正面突破を試みてきましたが、
ここにきて郊外から回り込む戦術を
はじめました

1番目
未確認の情報によると、
ロシア軍はオチェレティネにつながる線路沿いに
攻撃をおこない、
わずかずつ前進しているとの情報があり、
その範囲を係争地の拡大として更新し、
今後確認できる情報があれば
戦況図を再度更新します

2番目
最初にお伝えしたように、
ベルディチ、セメニフカでは、
ロシア軍の攻撃も低調で、
ウクライナ軍がこれを撃退し、
反対に、ウクライナ軍がトネンケの北西にある
ダムでロシア軍と戦闘となっている
との情報もありますが、
今のところは確認できる情報がなく、
戦況図に変更はありません

それ以外についてもロシア軍の攻撃は
ウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更のある情報はありませんでした
ロシア軍は戦力を次に説明する
クラスノホリフカに集中させているものと
考えられます

○マリンカ方面
この方面でロシア軍は20回
攻撃をおこないました

1番目
マリンカの北にあるクラスノホリフカでは、
昨日の動画でもお伝えしたように
ウクライナ軍が防衛しやすい
工場に後退したため、
線路の南の住宅地はロシア軍が
占領しました
ここを防衛しているウクライナ軍は
装備の揃った部隊ですので、
今後は線路と工場の間が
ロシア軍のキルゾーンになると思われます

それ以外のポビエダ、
ノヴォミハイリフカなどでは、
ロシア軍の攻撃はウクライナ軍が撃退し、
戦況図に影響のある情報はありませんでした

●後方地域
1番目
ウクライナ国境から1050キロ離れたカザンでは、
ロシアのTu22バックファイア超音速爆撃機や
Tu160ブラックジャック超音速戦略爆撃機の
生産・修理工場で大規模な爆発と
煙が観測されました
ウクライナ主要情報総局GURも
そのことを発表していて、
GURによるドローン攻撃がおこなわれた模様です

2番目
またGURは、
その南のサマラのクリヤジ飛行場で
ロシアのMi8輸送ヘリコプターが
破壊されたと公表しました
GURが公表した映像では、
スローモーションで暗闇に閃光が
走っているところが確認できます

3番目
詳細ははっきりしませんが、
ヴォロネジで爆発があったとの情報があります
映像は夜なのではっきりしませんが、
閃光のようなものが確認できます

●南部 ザポリージャ州
●南部 ヘルソン州
この方面でロシア軍は
スタロマイオルスクとロボチネで4回
攻撃をおこない、
クリンキーでは5回
攻撃をおこないましたが、
いずれもウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありませんでした

今日は以上です
ご視聴いただきありがとうございました