【命を捧げよ】ロシア「聖戦」布告【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】ロシア軍超レア装甲車両撃破される【最新】ノヴォミハイリフカで大激戦|ウクライナ向け砲弾100万発「出荷済み」

【命を捧げよ】ロシア「聖戦」布告【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】ロシア軍超レア装甲車両撃破される【最新】ノヴォミハイリフカで大激戦|ウクライナ向け砲弾100万発「出荷済み」

【3月30日ウクライナ情勢 概要】
0:00 はじめに
1:21 ウクライナ戦況の全般的な事柄
3:04 ウクライナ情勢に関する最新ニュース
3:14 ゼレンスキー大統領「アメリカの支援がなければ撤退する」
4:39 砲弾100万発「出荷済み」到着は4月
4:36 ロシア資金枯渇 あと●か月しかなかった
5:32 ロシア巨大製油所操業停止でガソリン輸入国に転落
5:03 各地域の戦況
5:19 北東部 ルハンスク州 東部 バフムト方面の戦況
5:52 南東部 ドネツク州アウディーイウカ、マリンカ方面の戦況
7:42 後方地域の爆発炎上事件
7:57 南部 ザポリージャ州 ヘルソン州の戦況
9:40 ロシア正教会「聖戦」を宣言 命を捧げ邪悪と戦うべし

#ウクライナ戦況
#ロシア軍
#プーチン大統領

マスコミが絶対に伝えない最新のウクライナ戦況を地図を使ってわかりやすく解説!1日2回戦況を更新しています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめています。
●過去の動画は再生リスト

●英語版
https://www.youtube.com/@UkraineMilitaryMapSumaito/videos
■より快適に見るには
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍側 青:ウクライナ軍側 オレンジ:係争中
・地図の下に縮尺、一辺10kmの正方形が所々あります
・畑の大きさ:1kmX1.6kmほど
・高解像度でフルスクリーン表示で違った感動
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表で不明
●noteに内容を日本語、英語、ウクライナ語で掲載
 https://note.com/sumaitotoushi/
■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net
利用は規約に沿って確認の上行っています。

みなさんこんにちは

今日も最新のウクライナ情勢について、
コンパクトにまとめて地図を使って、
いち早くわかりやすくお届けします
大変申し訳ございません
今日は投稿主の都合でやや短めの
濃縮バージョンになりますが
ご了承ください

よろしくお願いします

チャンネル登録して通知をオンにすると、
動画公開時に連絡が来ます
過去の動画も、
再生リストからあわせてご覧ください

■ウクライナ情勢
ロシアがキーウに侵攻してから765日
となりました

まずは全般的な事柄です

ウクライナ軍の参謀本部によると、
ロシア軍の損失は、
兵士820名
戦車8両
装甲戦闘車27両
砲28門
多連装ロケット2両
防空システム6基
ドローン56機
巡航ミサイル5発
その他車両57両
となっています

戦線全体で一日で59回の
地上戦の報告がありました

そして、視覚的に確認できる
ウクライナ軍の装備の損失数と
ロシア軍の損失数の比率は、
1対6.5で、
ウクライナ側の損失数に比べ、
ロシア側はその6.5倍になります

ロシア側の損失は歩兵戦闘車、
戦車、
4輪バギーが多く、

変わったところでは、核
戦争下で作戦行動するために設計された
放射線防護偵察車両「ラドガ」の損失が
初めて確認されました

ラドガはT80をベースにした
放射線防護装甲車両で
操縦士2名に加えて4名の兵士の輸送が
可能となっています

ラドガはチェルノブイリ原子力発電所の事故で
一度確認されたのち1990年に退役しましたが、
今回復活してウクライナ軍の
第63機械化旅団により破壊されました

反対にウクライナ側は歩兵戦闘車がやや目立ちます

■ウクライナ情勢に関するニュースを
簡単にお伝えします

YouTubeのチャプター機能で
必要なところを見ることもできます

1番目
ゼレンスキー大統領は
ワシントンポストとのインタビューで、
「アメリカの支援がなければ
ウクライナは撤退を余儀なくされるだろう」
と語りました

ゼレンスキー大統領は、
「もしアメリカの支援がなければ、
パトリオットミサイルも電子戦も
砲弾も存在しないことになる
そのときは段階的に撤退することになる」と強調し、

「後退しない方法を模索しているところだが、
もし前線が安定化すれば、
今年新たな反撃に向けて旅団を結成し、
訓練をおこなうことができるだろう」と述べ、
今後のアメリカの支援により
戦争の行方が大きく変わることを指摘しました

ゼレンスキー大統領はこの前日、
ジョンソン下院議長と会談し、
前線の状況やロシアの滑空爆弾による
市民への無差別攻撃が増加していることを述べ、
アメリカの支援の重要性を訴えました

現在アメリカ議会はイースター休暇中で、
以前の動画でもお伝えしましたが、
その間に身内であるはずの下院共和党強硬派からは
議長の解任動議が提出され、
民主党からは
「採決に応じれば解任動議を否決してもよい」
との条件を突きつけられていて、
4月第2週からスタートする議会で
どのようになるかが注目です

2番目
ポーランドのスコルスキー外務大臣は、
「チェコの弾薬はすでに
ウクライナに出荷されている」と述べ、
イタリアのコリエレ・デラ・セーラ紙は
独自の情報源の話として
「すでに100万発分の購入契約は終了し、
到着は当初の6月から4月に早まるだろう」
と報じました

■それでは、各地域の戦況です
戦況の変化のあるところを中心にお伝えします
その変化は大画面のフルスクリーン表示で
日付とともに追いかけることができます

●北東部 ルハンスク州方面
●東部 バフムト方面

ハルキウ、クピャンスクから
スバトベ・クレミンナ線、
シベルスク周辺からバフムト方面の戦況について
お伝えします

この方面でロシア軍は、
テルニーからシベルスク周辺で6回、
バフムト方面では13回
攻撃をおこないましたが、
ウクライナ軍が撃退し、
戦況図に影響のある情報はありませんでした

●南東部 ドネツク州

アウディーイウカの天気は、雨
最低気温は9度、最高気温は21度
今日の天気は、
はれときどきくもりの予想となっています

アウディーイウカ、
マリンカ、
ブフレダール方面の戦況についてお伝えします

○アウディーイウカ方面

この方面でロシア軍の攻撃の回数は少なく、
ロシア軍は3回攻撃をおこない、
戦況図に変化はありませんでした

○マリンカ方面

この方面でロシア軍は
ノヴォミハイリフカを中心に22回
攻撃をおこないました

このうちノヴォミハイリフカでは、
ロシア軍は天候が悪くても
ペースを緩めず攻撃を行い、
多大な損害を出しながら前進しました

位置情報付きの映像によると、
ロシア軍のT72戦車とBMP歩兵戦闘車が
農業施設の西にある地図で示した場所で
砲撃により破壊されたことから、
ロシア軍が地図で示した場所まで
前進していることが確認できます

お見せしているのはウクライナ側のもので、
炎上する車両の様子を
ドローンから撮影したものになります

その他の情報も考慮して、
ポビエダからノヴォミハイリフカの北側の一帯を
係争地からロシア軍が占領したとして
戦況図を更新しました

面積は、4平方キロほどになります

それ以外はロシア軍の攻撃は
ウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありませんでした

●後方地域

ロシア占領下のメルトポリでは
パルチザン活動により爆発があり、
ロシア兵20人が地獄に召され、
カマズトラックとパトリオットSUVが
破壊された情報があります

●南部 ザポリージャ州
●南部 ヘルソン州

この方面でロシア軍はスタロマイオルスク、
ロボチネに8回、
クリンキーでは2回攻撃をおこないました

○ヴェルカノボシルカ方面

1番目
このうちウロジャインでは、

ロシア軍はここ数日活動を活発化させていて、
29日は南からBTR装甲戦闘車で攻撃を仕掛け、
撃退されました

お見せしているのはウクライナ軍の
大統領親衛旅団第3機械化大隊のもので、
地図で示した場所でロシア軍の車両を
観察しているところとなっています

この付近をウクライナ軍の奪還地から
係争地に戦況図を更新しました

2番目
またそのすぐとなりのスタロマイオルスクでは、
ロシア軍は確認できるだけで5回
空爆を行い、
ウクライナ軍を牽制しています
戦況図に変更はありません

○オリヒウ方面

一方ロボチネでは、
位置情報付きの映像によると
ロシア軍が南から攻撃を行い、
ウクライナ軍の陣地を奪って拠点化しました

ウクライナ軍はドローンで
反撃をおこなっています

お見せしているのはウクライナ軍の
第65機械化旅団のもので、
地図で示した場所の様子となっています

この付近をウクライナ軍の奪還地から
ロシア軍の占領地に戦況図を更新しました

■その他
ロシア正教会は、ウクライナへの全面侵攻を
「聖戦」とする文書を採択し、
世界ロシア人民評議会で発表しました

聖戦とは
「グローバリズムの猛攻撃から世界を守り、
悪魔主義に陥った西側諸国と戦う」
というもので、
「ウクライナの全領土は
ロシアの完全な影響の下に入り、
ロシアに敵対する政治権力は
完全に排除されるべきだ」と表明しました

これに対し、
ウクライナのカトリック教会の
シェフチュク教会長は
ニューズウィークの取材に対し
「宗教の武器化だ」と答えました

今日は以上です
ご視聴いただきありがとうございました