ロシア軍に苦戦情報 T-54戦車投入兵士反発 希少A-50早期警戒機3機目攻撃される【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】ウクライナ派兵に向け「派兵連合」創設【最新】トルコがロシアとの石油取引停止

ロシア軍に苦戦情報 T-54戦車投入兵士反発 希少A-50早期警戒機3機目攻撃される【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】ウクライナ派兵に向け「派兵連合」創設【最新】トルコがロシアとの石油取引停止

【3月10日ウクライナ情勢 概要】
0:00 はじめに
1:44 ウクライナ戦況の全般的な事柄
2:56 ウクライナ情勢に関する最新ニュース
3:07 ロシア希少なA-50早期警戒機3機目攻撃される 結果は評価中
3:40 フランスが「ウクライナ派兵連合」創設にバルト三国賞賛
4:14 トルコがロシア産石油取引中止 銀行取引も停止へ
4:54 アメリカ下院ウクライナ支援法案は4月採決か?
5:12 各地域の戦況
5:26 北東部 ルハンスク州 東部 バフムト方面の戦況
7:03 南東部 ドネツク州アウディーイウカ、マリンカ方面の戦況
11:19 南部 ザポリージャ州ヴェルボヴェ、ロボチネの戦況
12:14 南部 ヘルソン州クリンキーの戦況
12:25 ロシア市長 戦死した妻に「ヨーグルトメーカー」贈る

#ウクライナ戦況
#ロシア軍
#プーチン大統領

マスコミが絶対に伝えない最新のウクライナ戦況を地図を使ってわかりやすく解説!1日2回戦況を更新しています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめています。
●過去の動画は再生リスト

●英語版
https://www.youtube.com/@UkraineMilitaryMapSumaito/videos
■より快適に見るには
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍側 青:ウクライナ軍側 オレンジ:係争中
・地図の下に縮尺、一辺10kmの正方形が所々あります
・畑の大きさ:1kmX1.6kmほど
・高解像度でフルスクリーン表示で違った感動
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表で不明
●noteに内容を日本語、英語、ウクライナ語で掲載
 https://note.com/sumaitotoushi/
■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net
利用は規約に沿って確認の上行っています。

ウクライナ情勢に関するニュースを簡単にお伝えします
YouTubeのチャプター機能で必要なところを見ることもできます
1番目
ロシアのタガンログにあるベリエフ航空機工場で40機以上のドローンによる攻撃がおこなわれました
この工場にはA50早期警戒機が修理のために送られていると言われ、
ロシア国防省は47機すべて撃墜したと主張していますが、
SNSでは、1時間以上攻撃が続き、映像では地面から爆発も確認できます
攻撃の結果は今のところ不明です
2番目
ポリティコは、
ウクライナ派兵に前向きなフランスのマクロン大統領は、ウクライナに派兵する用意のある国で連合を創設するつもりだと伝えています
記事によると、すでにバルト三国とウクライナを交えて交渉をおこなっているとされ、
これを受けてバルト三国の閣僚はフランスの「既成概念にとらわれない発想」を賞賛し、
ポーランドのスコルスキー外相は「ウクライナにおけるNATO軍の駐留は驚くべきことではない」と述べました
3番目
ロシアとの石油取引をおこなっていたトルコの主要な港湾会社は、ロシアからの石油の受け入れを中止すると顧客に通知しました
ロイターによると、このターミナルはロシアからの原油の積み替え基地として使われ、昨年のロシア産原油や石油製品の取扱量はウクライナ侵攻前の7倍に増加しましたが、ロシアの石油企業との取引はアメリカの制裁の対象になることから、取り扱い中止を決めたとのことです
トルコでは今年に入ってから、ロシアからの銀行送金ができなくなっていると言われています
4番目
アメリカNBCが独自の情報源として伝えるところでは、アメリカ下院の共和党は党内の強硬派も賛成できるようなウクライナ支援法案を独自に模索していて、
採決は4月になると伝えています
■それでは、各地域の戦況です
戦況の変化のあるところをお伝えします
戦況の変化は大画面のフルスクリーン表示で
詳細に追いかけることができます
●北東部 ルハンスク州方面
●東部 バフムト方面
ハルキウ、クピャンスクから
スバトベ・クレミンナ線、
シベルスク周辺からバフムト方面の
戦況についてお伝えします
この方面でロシア軍は、
シンキフカで3回、
テルニー、シベルスク周辺で5回、
バフムト方面では9回
攻撃をおこないました
○スバトベ・クレミンナ線
テルニーの東では、
位置情報付きの映像によると、
ロシア軍は森林の北で攻撃をおこない、
最終的にはウクライナ軍により
撃退されましたが、
一定の前進をしました
お見せしているのは、
車両に乗って前進するロシア軍を、
ウクライナ軍のアゾフ大隊のドローンが
観察しているところとなっています
この付近は係争地となっていますが、
一部をロシア軍が占領したとして
戦況図を更新しました
ロシア軍は1か月で1キロのペースで
前進している計算になります
○バフムト方面
この方面でロシア軍は
ボホダニフカとイワニフスケに
砲撃をおこない、
イワニフスケで地上軍による攻撃を
おこないましたが、
ウクライナ軍が撃退しました
イワニフスケでは、1日のうちでも
支配が変わる激戦となっている模様です
こちらは戦況図に変更はありません
●南東部 ドネツク州
アウディーイウカの天気は、
はれときどきくもり
最低気温は-5度、最高気温は7度
今日の天気は、
くもりときどきはれの予報となっています
アウディーイウカ、
マリンカ、
ブフレダール方面の戦況についてお伝えします
○アウディーイウカ方面
この方面でロシア軍は15回
攻撃をおこない、
大統領選を前に攻勢の勢いが
低下傾向にあります
ウクライナ軍のリホヴィ報道官は、
「アウディーイウカ方面の状況は
安定していて、
ロシア軍は(損害の大きさに比べ)
局地的にしか前進していない」
と述べました
1番目
ステポヴェとベルディチの攻撃軸では、
ロシア軍は塹壕にこもり、
ウクライナ軍がドローンで
戦力を削っています
今日は地図で示した場所で
位置情報付きの映像が公開されています
戦況図には変更はありません
2番目
オルリアンカから
その南のトネンケにかけては、
市街地ではロシア軍の攻撃は
ウクライナ軍が撃退して
戦況図に変化はありませんでしたが、
ロシア軍は攻撃の方向を
南の郊外に変え、
トネンケの部隊と合流して
この付近を占領し、
トネンケの住宅地に圧力をかけています
この付近を係争地から
ロシア軍が占領したとして
戦況図を更新しました
面積は5平方キロほどになります
3番目
一方トネンケでは、
昨日の動画でロシア軍が占領したと
お伝えしましたが、
別の場所でウクライナ軍の
攻撃がおこなわれていることがわかり、
ロシア軍の占領は
町の一部にとどまっている模様です
戦況図では、地図で示した町の北東で
ウクライナ軍のBMP1歩兵戦闘車が
ロシア軍の攻撃を受け、
町の東では、
ロシア軍がウクライナ軍の拠点を攻撃し、
町の南東では、
ロシア軍のT64戦車とBMP2歩兵戦闘車が
撃破されるなど、
ウクライナ軍が近くにいることが
示唆される情報がいくつかあり、
ウクライナ軍も町に入って
攻撃を続けている模様です
従ってトネンケはロシア軍占領地から
いったん係争地に戦況図を更新しました
それ以外のペルヴォマイスケ、
ネヴェレスケの攻撃軸では、
ロシア軍の攻撃はウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありませんでした
○マリンカ方面
この方面でロシア軍は22回
攻撃をおこない、
ウクライナ軍の防衛線を
突破しようとしていますが、
ロシア軍に成果はありませんでした
1番目
ポビエダでは、ウクライナ軍が
集落の南北で反撃をおこないました
まずウクライナ軍は、
地図で示した幹線道路沿いに
攻撃をおこない、
ロシア軍のT90と思われる戦車を
破壊しました
次に位置情報付きの映像によると、
ウクライナ軍は集落の東の農場に
攻撃をおこない、ウクライナ軍は
農場を確保しました
お見せしているのはロシア側のもので、
この場所にウクライナ軍がいることが
確認できます
この場所をロシア軍占領地から
ウクライナ軍が奪還したとして
戦況図を更新しました
2番目
ノヴォミハイリフカでは、
ロシア軍の攻撃は成果につながらず、
戦況図に変化はありませんが、
ロシア軍は70年前の最新型戦車のT54に
爆発反応装甲のコンタクト1をつけて
最前線に投入し、
正面攻撃をおこないましたが、
あまり役には立たなかった模様です
●南部 ザポリージャ州
この方面でロシア軍はヴェルボヴェ、
ロボチネに8回攻撃をおこないました
このうちロボチネでは、
ロシアの軍事ブロガーによると、
電子戦装備が不十分なため、
ロシア軍が苦戦しているようで、
ウクライナ軍は西側で反撃をおこない、
前進しました
ロシア軍は地図で示した場所に
砲撃をおこなっていて、
この場所がウクライナ軍が奪還したことが
確認できます
この場所を係争地からウクライナ軍が
奪還したとして戦況図を更新しました
その後ロシア軍は、
地図で示した場所に反撃をおこないましたが、
この攻撃はウクライナ軍により撃退され、
ロシア軍は3両のBMP歩兵戦闘車の損害を
出しました
●南部 ヘルソン州
この方面では地上戦の報告がなく、戦況図には変更はありません
■その他
最前線から3100キロ離れた
ロシアのアルタイ地方にある
バルナウル市のフランク市長は、
ウクライナ戦争で夫が戦死した家を訪問し、
各家庭にヨーグルトメーカーをプレゼントし、反対にケーキをごちそうになりました
なぜヨーグルトメーカーなのかは不明です
今日は以上です
ご視聴いただきありがとうございました