キター━(・∀・)━!!!!【激戦地アウディーイウカ】ウクライナ軍伝説の部隊と最強戦車を最前線に投入【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】モンゴル元大統領ロシアをdisる|ロシア経済統計ガタガタ

キター━(・∀・)━!!!!【激戦地アウディーイウカ】ウクライナ軍伝説の部隊と最強戦車を最前線に投入【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】モンゴル元大統領ロシアをdisる|ロシア経済統計ガタガタ

0:00 はじめに
1:21 ウクライナ情勢の全般的な事柄
2:34 ウクライナとロシア情勢ニュース
2:44 モンゴル元大統領 プーチン大統領をdisる
3:29 ロシアの輸出大幅減少 原油大幅値引き販売強いられる
4:22 HIMARS修理へアメリカに送られる
4:55 各地域の戦況
5:03 北東部 ルハンスク州 東部 バフムト方面の戦況
9:01 南東部 ドネツク州アウディーイウカ、マリンカ方面の戦況
12:11 南部 ザポリージャ州ヴェルボヴェ、ロボチネの戦況
12:26 南部 ヘルソン州クリンキーの戦況
12:43 ロシア人戦車に庭を造る

#ウクライナ戦況
#ロシア軍
#プーチン大統領

マスコミが絶対に伝えない最新のウクライナ戦況を地図を使ってわかりやすく解説!1日2回戦況を更新しています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめています。
●過去の動画は再生リストへ

■より快適に見るには
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍側 青:ウクライナ軍側 オレンジ:係争中
・一辺10kmの正方形が所々あります
・畑の大きさ:1kmX1.6kmほど
●距離
スバトボ・クレミンナ45km/クレミンナ・バフムト55km/バフムト・ドネツク65km/ドネツク・マリウポリ100km/マリウポリ・メルトポリ170km/メルトポリ・ヘルソン200km
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表で不明
●noteに内容を日本語、英語、ウクライナ語で掲載
 https://note.com/sumaitotoushi/
■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net
利用は規約に沿って確認の上行っています。

みなさんこんにちは
今日も最新のウクライナ情勢について、
コンパクトにまとめて地図を使って、
いち早くわかりやすくお届けします
よろしくお願いします
チャンネル登録して通知をオンにすると、
動画公開時に連絡が来ます
過去の動画も、
再生リストからあわせてご覧ください
■ウクライナ情勢
ロシアがキーウに侵攻してから719日となりました
まずは全般的な事柄です
ウクライナ軍の参謀本部によると、
ロシア軍の損失は、
兵士790名
戦車10両
装甲戦闘車21両
砲6門
ドローン45機
巡航ミサイル1発
その他車両8両
となっています
戦線全体で、一日で100回の地上戦の報告がありました
ロシア軍は引き続きアウディーイウカを中心に戦力を集中させ、突破を図っています
そして、視覚的に確認できるウクライナ軍の装備の損失数とロシア軍の装備の損失数の比率は、1対4.5で、
ウクライナ側の損失数に比べロシア側はその4.5倍となります
ロシア側の損失は民生用のトラック、
歩兵戦闘車、
戦車が多く、
前線に積極的に兵士を送り込んでいます
対するウクライナ側は民生用のバンが目立ちます
■ウクライナ情勢に関するニュースを簡単にお伝えします
YouTubeのチャプター機能で必要なところを見ることもできます
1番目
モンゴルのエルベグドルジ元大統領は、
8日に公開されたプーチン大統領のインタビューで、
「ウクライナは歴史的にロシアの土地だった」としてウクライナ侵攻を正当化したことに反応し、
古いモンゴル帝国時代の地図をSNSに投稿しました
地図では現在のロシアがモンゴル帝国に囲まれた小さな部分だったり、
モンゴルの一部として描かれています
エルベグドルジ元大統領はコメントで、
「モンゴルの昔の地図を見つけた
でも心配しないで
わたしたちは平和で自由な国家です」と書き込み、
プーチン大統領をディスりました
2番目
ロシア関税局は、2023年の輸出によるロシアの収入が28%減少したと発表しました
西側諸国の制裁強化、
天然ガスの供給停止、
ロシアの輸出品の価格下落が経済に打撃を与える結果となっています
中でも石油関連の輸出は、
輸出数量は2倍になったものの収入は34%減少し、
大幅な価格割引を迫られていることが判明しました
また貿易相手国は欧州が3分の1と大幅に減少した一方、
それに代わり中国が輸入の41%を占め、
経済では中国頼み、
中国の属国化が進んだことがはっきりしました
3番目
ウクライナから修理のためにアメリカに輸送されたHIMARS車両の様子が手に入りました
映像では、
1両は運転台と発射装置に損傷があり、
2両目は右側の前輪がなく、
地雷による被害と思われます
ロシア国防省の発表では、ロシア軍はすでに数十から数百両のHIMARSを破壊していると発表していますが、確認されたのは初めてとなります
■それでは、各地域の戦況です
戦況の変化のあるところをお伝えします
●北東部 ルハンスク州方面
●東部 バフムト方面
ハルキウ、クピャンスクから
スバトベ・クレミンナ線、
シベルスク周辺からバフムト方面の
戦況についてお伝えします
この方面でロシア軍は、
シンキフカ、イワニフカと
タバイフカ付近で3回、
テルニー、
ビロホリフカを中心に4回、
バフムト方面では19回
攻撃をおこないました
○クピャンスク方面
ここ数日お伝えしてきたシンキフカでは、
位置情報付きの映像によると
ロシア軍が前進しました
ロシア軍は地図で示した場所にある
ウクライナ軍陣地を掃討し、
占領しました
お見せしているのはロシア側のもので、
ロシア軍がウクライナ軍の陣地に
近づいているところとなっています
この付近を係争地から
ロシア軍が占領したとして戦況図を更新し、
周辺の係争地を見直しました
○スバトベ・クレミンナ線
テルニーの東では、
ロシア軍が前進しました
位置情報付きの映像によると、
テルニーにつながる森林地帯で
ロシア軍が前進し、占領しました
ウクライナ軍が地図で示した場所にいる
ロシア軍をドローンで偵察している映像が
ありました
この場所を係争地から
ロシア軍が占領したとして
戦況図を更新しました
なお、テルニーまでは
あと2.3キロのところになります
○シベルスク周辺
最近お伝えしているビロホリフカの
東にある浄水場では、
ウクライナ軍が反撃し、
ロシア軍を撃退しました
お見せしているのはウクライナ側のもので、
地図で示した場所に
破壊・遺棄されている2両の
ロシア軍戦車の様子となっています
この場所はロシア軍占領地としていましたが、
調整池のところまではロシア軍も
占領できていないことが判明したため、
ロシア軍占領地から
係争地に変更しました
なお、記号には日付がありますので、
フルスクリーン表示で見ると
過去の戦況の変化がわかりますし、
該当する過去の動画を見ることで、
詳しい状況を知ることができます
○バフムト方面
ロシア軍は9日に引き続き、
ボホダニフカからクロモベにかけての前線を
押し上げています
位置情報付きの映像によると、
ロシア軍はボホダニフカの北、
その南の水路、
O0506号線沿いにある墓地で攻撃をおこない、
このうち墓地とその南の森林で
前進しました
お見せしているのはロシア側のもので、
ロシア軍の1両の車両が
墓地の東側で前進している
様子となっています
墓地と森林の大部分を
ロシア軍が占領したとして
戦況図を更新しました
面積は0.8平方キロとなります
少し地図を引いて説明すると、
ロシア軍はチャシフヤールの占領を目標に
前進していますが、
その前にはイワニフスケがあり、
チャシフヤールまでは
近いところで2キロ、
イワニフスケまでは500メートルの
ところまで近づいてきました
このままロシア軍がO0506号線沿いに進むと、
ボホダニフカが突出部となり
脅威が増すことになるため、
注意が必要となります
反対に投稿主はかなり難しいのでは
ないかと思いますが、
ロシア軍はチャシフヤールを攻撃して
占領できるだけの戦力が
残っているかどうかがポイントとなります
●南東部 ドネツク州
アウディーイウカの天気はくもり
最低気温は4度、最高気温は11度
今日の天気は、くもりの予報となっています
今週は春の訪れが感じられる
週の前半となっています
アウディーイウカ、
マリンカ、
ブフレダール方面の戦況について
お伝えします
○アウディーイウカ方面
ロシア軍はこの方面に41回
攻撃をおこないました
ロシア軍は
アウディーイウカの司令部の補給線を
遮断することを当面の目標とし、
司令部を南北から挟み撃ちに
しようとしています
ロシア軍は特に北側に戦力を集中させ、
石炭工場を迂回し、
消防署を目指す攻撃軸と、
その南のバスの車両基地の南北で
前進しようとしています
この司令部の北側では複雑な市街戦に突入し、
ロシア軍の進軍のペースは鈍ってきました
一方ウクライナ軍は
アウディーイウカを救うため、
バフムトのアンドリフカの解放で活躍した
第3突撃旅団の一部をこの方面に
投入することにした模様です
この2000名の部隊は現在、
後方に下がってクラマトルスクで休息し、
旧ソ連のBMPから
M2ブラッドレー歩兵戦闘車に乗り換え
戦力の充実を図っていたところでした
また、未確認の情報では、
これに加えてアメリカの
M1A1エイブラムス戦車を
最前線に惜しみなく投入し、
ロシア軍を蹴散らすとの情報もあります
アメリカの支援があまり期待できなければ、
世界最強の戦車を
完全な状態で維持できるうちに
アウディーイウカで使い倒す選択は
確かにあるかもしれません
フォーブスによれば、
これらの選択は新しく就任した
シルスキー司令官が動いた可能性がある
と分析しています
ウクライナ軍最強と言われる部隊と、
世界で最強の戦車の組み合わせが
アウディーイウカを救うことになります
さて戦況図ですが、
アウディーイウカの周辺では
依然として情報統制がおこなわれ、
映像などは出てきませんが、
数々の情報を総合すると、
先程お伝えしたように複雑な市街戦となり
ロシア軍の前進のスピードは低下し、
司令部の北、南、いずれも
昨日お伝えした状況から
戦況の変化は確認できず、
戦況図に変更はありませんでした
○マリンカ方面
この方面では、ロシア軍は32回
攻撃をおこないました
ロシア軍はマリンカの北のクラスノホリフカ、
ヘオリイフカ、
ポピエダ、
ノヴォミハイリフカで
攻撃をおこないましたが、
ウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありませんでした
●南部 ザポリージャ州
この方面でロシア軍は
ロボチネでのみ攻撃をおこないましたが、
ウクライナ軍が撃退し、
戦況図には変更はありません
●南部 ヘルソン州
この方面でロシア軍はクリンキーでは1回
攻撃をおこないましたが
こちらも戦況図に変更はありません
両軍この方面で主導権を取ろうとは
していない模様です
■その他
あるロシアの戦車兵は、
ウクライナ軍のドローン攻撃から
車両を防護するため、
戦車の周りに花瓶を取り付け、
枝をさすことを発案し、実戦しました
映像では砲弾の薬莢と思われるものを
戦車に溶接し、
一つ一つに生け花の一輪挿しのように
枝を刺して出撃する様子が
収められています
映像のコメントでは、
戦車に庭を造り、
目の保養にもなると
その効果を分析しています
今日は以上です
ご視聴いただきありがとうございました