【2月10日】よく聞いて下さい これから大事なお話をします【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】

【2月10日】よく聞いて下さい これから大事なお話をします【マスコミが絶対伝えないウクライナ戦況図】

0:00 はじめに

0:35 ウクライナ情勢の全般的な事柄
1:51 ウクライナとロシア情勢ニュース
2:02 ウクライナ軍 総司令官に続き新しい参謀総長を任命
2:16 ロシア大統領選挙 イワンフェドロフ氏が斬る
3:34 ロシア大統領選挙に立候補のナデジディン氏 選挙ポスター印刷できず
4:40 各地域の戦況
4:48 北東部 ルハンスク州 東部 バフムト方面の戦況
9:39 南東部 ドネツク州アウディーイウカ、マリンカ方面の戦況
13:58 南部 ザポリージャ州
14:27 後方地域の爆発炎上事件
15:07 南部 ヘルソン州クリンキーの状況
15:23 西側メディアが弾薬不足について報じる

#ウクライナ戦況
#ロシア軍
#プーチン大統領

マスコミが絶対に伝えない最新のウクライナ戦況を地図を使ってわかりやすく解説!1日2回戦況を更新しています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめています。
●過去の動画は再生リストへ

■より快適に見るには
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍側 青:ウクライナ軍側 オレンジ:係争中
・一辺10kmの正方形が所々あります
・畑の大きさ:1kmX1.6kmほど
●距離
スバトボ・クレミンナ45km/クレミンナ・バフムト55km/バフムト・ドネツク65km/ドネツク・マリウポリ100km/マリウポリ・メルトポリ170km/メルトポリ・ヘルソン200km
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表で不明
●noteに内容を日本語、英語、ウクライナ語で掲載
 https://note.com/sumaitotoushi/
■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net
利用は規約に沿って確認の上行っています。

ウクライナ情勢に関するニュースを簡単にお伝えします
YouTubeのチャプター機能で必要なところを見ることもできます
1番目
ゼレンスキー大統領は国民に演説をおこない、
新たな参謀総長として郷土防衛隊の司令官だったバリレビッチが就任したと発表しました
2番目
3月17日におこなわれるロシア大統領選挙について、
メルトポリのイワンフェドロフ市長は、占領地域でおこなわれる投票について今後起きることを予想して述べました
1.
選挙は期日前投票が認められ、
2月25日から3月17日に投票できる
2.
投票はパスポートの提示がなくても許可され、
事実上、特定の人物に何回でも投票できる
3.
軍関係者や州政府の職員が秘密の投票所に連行され、
プロパガンダテレビ用の撮影をおこなう
4.
占領当局は銃を持った軍と一緒に各戸を訪問し、銃を突きつけて住民全員に投票を強制する
5.
学生からなる投票監視団が組織され、
選挙結果を改ざんする方法について訓練を受け、
監視の名目でいくつも投票所を訪れてそれを実践する
とのことで、フェドロフ市長は「ロシア大統領選挙」という名前のプロパガンダショーの準備が続けられていると指摘しました
3番目
ロシア大統領候補のナデジディン氏は、選挙キャンペーン用のチラシなど印刷できずに困っています
情報筋がヨーロッパのロシア語メディアに語ったところでは、
ナデジディン氏は選挙運動用の新聞を作り、250万部作成し1月29日に配布する予定でしたが、
中央選挙管理委員会の認定を受けた印刷所に依頼したところ、
いったん450万ルーブルで印刷を請け負うことになりましたが、
印刷直前に「上からの指示があった」として契約がキャンセルされ、支払った代金は返金されました
その後60以上の印刷所に依頼しましたが、何かと理由をつけてすべて断られたとのことです
ナデジディン氏は、ウクライナ戦争に反対し、立候補に必要な10万5千人の署名を提出しましたが、
中央選挙管理委員会は書類に不備があったとして立候補を認めず、
現在異議申し立て中となっています
■それでは、各地域の戦況です
戦況の変化のあるところをお伝えします
●北東部 ルハンスク州方面
●東部 バフムト方面
ハルキウ、クピャンスクから
スバトベ・クレミンナ線、
シベルスク周辺からバフムト方面の
戦況についてお伝えします
この方面でロシア軍は、
シンキフカで5回、
テルニー、
ビロホリフカを中心に4回、
バフムト方面では4回攻撃をおこないました
○クピャンスク方面
この方面で戦況が動いた可能性があります
1番目
ロシア軍はシンキフカの陣地を
西から回り込んで攻撃をおこない、
防衛線を突破して集落に前進し、
市街戦に突入した模様です
ロシア軍はこれまでと攻撃の方向を変え、
西の防衛線の弱いところを
突いてきた可能性があります
未確認のロシアに近い複数のSNSの情報は、
ロシア軍がすでに町の15%から25%程度を
支配下に置いていると主張しています
今後確認できる情報が出てくれば
またお知らせします
その範囲を係争地として
戦況図を更新しました
2番目
反対にクロフマルネの南では、
位置情報付きの映像によると、
ウクライナ軍がドローン攻撃により、
ロシア軍の物流を遮断するのに成功しました
お見せしているのは
地図で示した場所の様子で、
荷物を運んでいるロシア兵を
攻撃する前にドローンで
観察している様子となっています
この場所をロシア軍占領地から
係争地に戦況図を更新しました
○スバトベ・クレミンナ線
ロシア軍はテルニー、
ヤンポリフカ、
トルスケ方向に前進しようとしています
この日ショイグ国防大臣が
この付近の西部軍管区の指揮所に訪れ、
ロシアの指揮官から前線の状況について
報告を受けました
戦争研究所の分析では、
ロシア軍がこの方面の攻撃作戦の優先順位を
上げた可能性があると指摘しています
さて位置情報付きの映像によると、
ウクライナ軍はヤンポリフカの東で
ドローンを使った攻撃をおこない、
ロシア軍の前進を阻止しています
お見せしているのはウクライナ軍の
第60機械化旅団のものとなっています
この付近を係争地の拡大として
戦況図を更新しました
また、ロシア軍はトルスケに
向かっても連日構成をおこなっていますが、
こちらはウクライナ軍の
砲兵隊により撃退され、
先月中旬以降ロシア軍に前進は見られず
戦況図に変更はありません
○シベルスク周辺
連日お伝えしている
ビロホリフカの南にある鉱山の水処理場について、
ロシア軍はBMP歩兵戦闘車を使い突入し、
前進しました
ウクライナ軍は連続投下できる
ドローンを使ってロシア軍のいる場所を
たたいていますが、
ロシア軍を除去することは
できていないようです
お見せしているのはウクライナ側のもので、
戦況図の場所でロシア軍が
活動している様子となっています
処理場全体を係争地から
ロシア軍が占領したとして
戦況図を更新しました
○バフムト周辺
バフムトからチャシフヤールに至る
O0506号線沿いの墓地では、
ロシア軍が前進し、
南の森林まで前進しました
この森林はO0506号線を守る
ウクライナ軍の拠点となっていたところですが、
ロシア軍は墓地に攻撃をおこない
ウクライナ軍を牽制しつつ、
その後主力がその墓地を迂回して
森林に正面突撃をおこない、
損害を出しながらも森林の道路の東側一部を
占領しました
位置情報付きの映像によると、
地図で示した場所でロシア軍は
BMP歩兵戦闘車を乗り捨てて、
中から展開したロシア軍の空挺部隊が
活動していることが確認できます
その範囲を係争地とウクライナ軍の奪還地から
ロシア軍占領地に戦況図を更新しました
それ以外にはロシア軍の攻撃は
ウクライナ軍が撃退し、
戦況図に変更はありませんでした
●南東部 ドネツク州
アウディーイウカの天気は小雨
最低気温は0度、最高気温は1度
今日の天気は、雨の予報となっています
厳しい寒さは遠のき、
今後すこしづつ春の訪れが
感じられてくるのでしょうか?
アウディーイウカ、
マリンカ、
ブフレダール方面の戦況についてお伝えします
○マヨルスク方面
ニウヨークの東の変電所では、
おとといの動画までで
ウクライナ軍が奪還した後に
ロシア軍が占領したとお伝えしましたが、
位置情報付きの映像によると、
ウクライナ軍が変電所の鉄塔に
旗を掲げたことが確認できました
お見せしているのはウクライナ軍の
第225郷土防衛大隊のものとなっています
以前の動画でもお伝えしましたが、
この場所はロシア軍にとっては
侵攻前から占領していた場所として
政治的に意味があるため、
おそらく今後ロシア軍が
旗を取りに来たときに
ウクライナ軍が戦力を削る作戦に
つながる可能性があります
この付近をロシア軍占領地から
再度係争地に戦況図を更新しました
○アウディーイウカ方面
ロシア軍はこの方面に攻勢を仕掛け、
アウディーイウカの補給線に空爆をおこない、
26回攻撃をおこないました
ウクライナ軍のリホヴィ報道官は、
市街戦がコークス工場付近の
住宅地で発生していると認め、
アウディーイウカのバラバシュ市長は、
ロシア軍は中心部に通じる連絡線を
遮断しようとしていると述べました
1番目
最大の焦点となっているテリコンと
呼ばれる鉱山跡地の周辺では、
激戦となっています
昨日の動画でもお伝えしましたが、
その中でもロシア軍はコークス工場の
東側の住宅地に戦力を集中させ、
正面突撃で突破を図っています
対するウクライナ軍はドローンにより
その前進を押えていますが、
予断を許さない状況で危機的となっています
お見せしているのはウクライナ軍の
第110機械化旅団のもので、
ドローンが橋のすぐ手前まで
前進してくるロシア兵を確認している
様子となっています
戦況図に変更はありません
2番目
その南東の浄水場では、
ウクライナ軍が拠点として防衛していますが、
ロシア軍が激しく砲撃をおこなっています
それ以外にはアウディーイウカで
戦況図に影響のある情報はなく、
ロシア軍の攻撃をウクライナ軍が
撃退しています
○マリンカ方面
この方面では、ロシア軍は16回
攻撃をおこないました
このうち最大の焦点となった
ノヴォミハイリフカの東では、
昨日に引き続き市街地に足がかりを
作ろうとするロシア軍と、
それを阻止するウクライナ軍で
戦闘となっていますが、
この日は戦況図に影響のある情報はなく、
ロシア軍は次の攻撃に備えて
戦力を集結させているものと考えられます
○ブフレダール方面
位置情報付きの映像によると、
ウクライナ軍はミキルスケの北の地図で
示した場所に砲撃をおこなっていて、
この付近にロシア軍の存在が確認できます
こちらは係争地の拡大として
戦況図を更新しました
ロシア軍はブフレダールの
鉱山に向かって前進し、
ウクライナ軍の補給線となる
O0532号線を狙っています
反対にウクライナ軍はミキルスケの
ロシア軍集結地にドローンで攻撃をおこない、
ロシア軍のSUVとトラックを破壊しました
●南部 ザポリージャ州
この方面でロシア軍はロボチネ、
ヴェルボヴェで2回攻撃をおこないました
このうちロボチネの西では、
地図で示した場所で
ロシア軍の2両のBMP2歩兵戦闘車、
1両のT72戦車が破壊、
遺棄され、
ウクライナ軍によりロシア軍の攻撃が
撃退されました
戦況図に変更はありません
●後方地域
昨日お伝えしたクラスノダールの製油所の
攻撃について、
詳細な情報が入ってきました