フランスがウクライナへの追加軍事支援を表明!精密誘導弾AASMを提供

フランスがウクライナへの追加軍事支援を表明!精密誘導弾AASMを提供

フランスはウクライナへの追加軍事支援として精密誘導爆弾Armement Air-Sol Modulaire(AASM)ハンマーPGMを供与することを明らかにしました。

フランスのマクロン大統領は1月16日火曜、数百発の爆弾と追加のスカルプEG巡航ミサイル40発をウクライナに供給すると発表しました。この時、マクロン大統領は爆弾が何を指すのかは示しませんでしたが、フランス政府はその後、フランス空軍が1,800発近くを備蓄しているAASM精密誘導弾を指すものであることを発表します。18日木曜にはフランス国防大臣セバスチャン・ルコルニュがフランスメディアの取材に対し、ウクライナに月50発のAASMを提供することを表明。最初の50発は今月末に供与されます。

■関連動画
・ウクライナに提供された長距離巡航ミサイル「Storm Shadow」、発表翌日に早速使用か!?

・ウクライナ空軍が長距離誘導爆弾のJDAM-ERを使用したことが確認される

・ロシア海軍黒海艦隊の最新鋭コルベット艦が就役前にウクライナ軍のミサイルによって破壊される

・黒海艦隊司令部の破壊!作戦内容の一部が明らかに、司令官死亡か?ATACMSも供与へ

・ウクライナが対レーダーミサイルAGM-88を密かに入手と、残る発射方法の謎

世界の軍事・安全保障・防衛・ミリタリーニュースをわかりやすく、ゆっくり解説します。

#ウクライナ支援 #空爆 #scalp #ゆっくり解説