G7首脳“ガザ沈静化へ主導” ゼレンスキー氏 支援継続訴え

G7首脳“ガザ沈静化へ主導” ゼレンスキー氏 支援継続訴え

G7(主要7カ国)の首脳がテレビ会議を行い、ガザ地区の事態の沈静化や人々への支援を、G7として主導していくことを確認した。

会議の中で岸田首相は、「ガザ地区での戦闘再開は残念で、戦闘休止が再び実現することを強く期待する」と述べ、すべての当事者が国際人道法を含む、国際法を守る必要性を訴えた。

議論の結果、各首脳は事態の沈静化や人々への支援を、G7が引き続き主導していくことを確認した。

またウクライナ情勢に関しては、ゼレンスキー大統領が参加し、支援の継続を訴えた。

ウクライナのゼレンスキー大統領「わたしは力を合わせて、来年をわたしたち自由国家のために、実りある年にすることができると信じています。プーチン大統領のためではない」

協議の結果、各首脳は、G7のウクライナへの連帯は揺るがず、ロシアへの制裁とウクライナ支援を強力に進めていくことで一致した。

さらに、生成AI(人工知能)の悪用を防ぐ初の包括的な国際ルールの枠組み「広島AIプロセス」について最終確認し、岸田首相は、今後、国際社会に拡大していくと強調した。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/