プーチン大統領が中東訪問 中東情勢などを協議(2023年12月7日)

プーチン大統領が中東訪問 中東情勢などを協議(2023年12月7日)

 ロシアのプーチン大統領が中東諸国を訪問しました。中東情勢や原油価格などを巡って協議したものとみられます。プーチン大統領が旧ソ連圏を出るのは10月の中国訪問以来です。

 プーチン大統領は今月6日、UAE(アラブ首長国連邦)を訪れ、ムハンマド大統領と会談しました。

 この後、プーチン大統領はサウジアラビアも訪問しました。

 中東情勢や産油国同士の連携強化について協議したとみられます。

 プーチン大統領の専用機は中東へと向かう際、4機の「スホイ35」戦闘機によって護衛されていました。

 プーチン大統領は、ウクライナから子どもを連れ去った戦争犯罪の疑いで国際刑事裁判所から逮捕状が出ていて、旧ソ連圏以外への外遊は10月の中国訪問以来となります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp