ヤバい【9月14日】ロシア軍 人類史上最大の損失を1日で計上【ウクライナ戦況図】ウクライナ軍大々々戦果 200年前のクリミア包囲戦のロシア敗北の悪夢再びよみがえる【最新】ロシア兵の投降累計2万5千件

ヤバい【9月14日】ロシア軍 人類史上最大の損失を1日で計上【ウクライナ戦況図】ウクライナ軍大々々戦果 200年前のクリミア包囲戦のロシア敗北の悪夢再びよみがえる【最新】ロシア兵の投降累計2万5千件

0:00 はじめに
1:06 全般的な事柄
1:55 この日のウクライナ情勢ニュース
2:14 セヴァストポリでロシア軍大損害 黒海艦隊再起不能か
3:54 プーチン大統領東方経済フォーラムで放言
4:27 プーチン大統領イーロン・マスク氏を賞賛
5:37 各地域の戦況
5:46 北東部 ルハンスク方面クピャンスク・スバトベ・クレミンナ線の戦況
8:10 東部 バフムト方面の戦況
9:16 南東部 ドネツク州アウディーイユカ、マリンカの戦況
10:12 南部 ザポリージャ州ベルボヴェ、ロボチネ、ノヴォプロコピフカの戦況
13:24 後方地域の爆発炎上 クリミア黒海艦隊連続して狙われ潜水艦など撃破
14:58 南部 ヘルソン州の戦況
15:06 ロシア兵の投降2万5千件

#ウクライナ
#戦況
#プーチン大統領

最新の情報をお届け!その日のレポートをその日に動画にしています。
ウクライナ軍参謀本部、最新のISW、最新の防衛研究、最新の防衛関係サイト、ツイッター、テレグラムのレポートを中心に日本語でまとめ、英語とウクライナ語で字幕を提供しています。
●過去の動画は再生リストへ

■より快適に見るには
・字幕が2重→YouTube側の字幕を消去
・公開時間は日によって異なります。チャンネル登録して通知をON
・赤:ロシア軍側 青:ウクライナ軍側 オレンジ:係争中
・一辺10kmの正方形が所々あります
・畑の大きさ:1kmX1.6kmほど
●距離
スバトボ・クレミンナ45km/クレミンナ・バフムト55km/バフムト・ドネツク65km/ドネツク・マリウポリ100km/マリウポリ・メルトポリ170km/メルトポリ・ヘルソン200km
●ウクラ軍の損失は?
 データ非公表で不明
●noteに内容を日本語、英語、ウクライナ語で掲載
 https://note.com/sumaitotoushi/
●投稿主はメンバーシップ動画でJREITと米国株の先行きについて毎週役に立つ話をしています。

■Materials
OST of WoWP, WoT, WoWs – Wargaming.net
Wargaming.netはキーウ支社の従業員と家族を支援するとともにロシアとベラルーシから撤退し、ベオグラードとワルシャワにオフィスを開設し400名の従業員を受け入れると発表しました。また、ウクライナ赤十字に100万ドルの寄付をしました。

戦況図の説明の前に、
ウクライナ情勢に関する最新の
ニュースをお伝えします。
YouTubeのチャプター機能で、
必要なところを見ることもできます。
なお、内容は英語の原文をもとに
作成しています。

1番目
これは報道されていると思いますが、
ウクライナ軍は、ロシア占領下の
セヴァストポリの造船所の攻撃に成功し、
2隻のロストフ潜水艦、
1隻のミンスク揚陸艦、
造船所の設備が損傷しました。
損傷の程度について、
「潜水艦と艦船の回復はどのように
しても不可能」とウクライナの
ユソフ報道官は述べました。
攻撃はストームシャドウか
スカルプミサイルの可能性が高く、
今回は、それに加えて
ADM160おとりミサイルを同時に多数発射し、
攻撃効果を高めた可能性があります。
ロシア軍も2隻の船が
被害を受けたことを認め、
10発のミサイルのうち7発を
撃墜したと主張していますが、
映像によると、
漆黒の背景に少なくとも2つの火柱が
上がっているところが確認できます。
そのとき、ロシア軍の防空は
ほとんど活動していないことも確認できます。
また、現場の写真からは、
大規模な火災が発生したことが確認でき、
火の中に船と思われる構造物が
確認でき損傷が大きいことが予想できます。
ロシア側の発表とウクライナ空軍の
発表を総合すると、
クリミアでは、
8月26日にS400防空ミサイルが破壊され、
防空能力が大幅に低下していたところでした。

2番目
プーチン大統領は
東方経済フォーラムで演説し、
ウクライナ戦争について、
「ウクライナが和平交渉を開始するのは、
資源が尽きた場合のみで、
ロシアが戦闘を停止すれば、
ウクライナは西側の助けを借りて
再軍備しようとするだろう」
との見解を示しました。
ゼレンスキー大統領は
「ロシアが撤退すれば戦争は終わる」
と言っていますが、
伝わってはいないようです。

3番目
また、同じ席でプーチン大統領は、
アメリカの億万長者で
テスラとスペースXの創設者の
イーロンマスク氏を、
「優れた人物」と呼び賞賛しました。
以前の動画でもお伝えしましたが、
イーロンマスク氏は先日、
セヴァストポリのロシア海軍基地に対する
ウクライナ軍のドローン攻撃を阻止するため、
クリミア半島のスターリンクの通信を
密かに切断するよう命令し、
その時のウクライナの副首相との
やりとりを無断で伝記に書いたことで
話題となりました。
また、
最初のニュースでお伝えした、
セヴァストポリの海軍基地に攻撃を
おこなっている最中の今日午前3時頃、
どういうわけかスターリンクが
障害を起こしたことも確認されています。
プーチン大統領は、
イーロンマスク氏について演説で、
「彼は活動的で才能のあるビジネスマンです。
彼は多くのことを成し遂げています」
と述べました。

■それでは、各地域の戦況です。
きょうも戦況の変化のあるところを
中心にお伝えします。

●北東部 ルハンスク州方面
ハルキウ、クピャンスクから、
スバトベ・クレミンナ線、
シベルスク周辺の戦況についてお伝えします。

1番目
位置情報付きの映像によると、
ライマンペルシィの西側の森林境界では、
戦況図の付近でロシア軍が
ウクライナ軍の陣地を砲撃し、
ウクライナ軍が
ドローン攻撃をおこなっています。
この付近では、
ロシア軍とウクライナ軍の両方が
いることが確認できたので、
ウクライナ軍占領地から係争地に
戦況図を更新しました。

2番目
セルヒイフカの付近では、
激しい戦闘となっています。
ロシア軍はセルヒイフカの西、
ノヴォエホリフカの北に空爆をおこない、
今後ノヴォエホリフカ方向に
地上戦を行う可能性があります。
またウクライナ軍は、
前線に至る道路付近で砲撃と
ドローンによる攻撃をおこない、
T72戦車を破壊しました。
映像では、周辺に砲撃による煙が
立ち上っている中
境界林地で作戦行動をおこなっている
ロシア軍のT72が攻撃を受け、
炎上しているところが確認できます。

3番目
クレミンナでは、
これまたウクライナ軍のアダム作戦部隊が、
寄付により購入されたドローンにより、
ロシア軍のMTLB装甲輸送車、
BMP歩兵戦闘車、
形式不明の戦車、
通信車両の車列を破壊した映像が
公開されました。

4番目
ビロホリフカでは、
未確認の情報ですが、
ウクライナ軍は町の北東側の陣地戦を制し、
いくつかの陣地を奪還した可能性があります。
ロシア軍は空爆をおこない
阻止しようとしましたが、
ウクライナ軍を追い返すことは
できなかった模様です。
今後確認できる情報がありましたら
戦況図を更新します。

●東部 バフムト方面。
天気ははれ、
最低気温13度、最高気温23度。
今日の天気は、はれの予報。
しばらく過ごしやすい日が続きます。
ウクライナ軍の参謀本部によると、
ウクライナ軍はクリシチフカ、
アンドリフカ、
クルデュミフカで前進していると報告し、
ロシアの軍事ブロガーは、
ロシア軍が後方に下がることを想定し、
クリシチフカの東の後方に陣地を
構築しようとしていると主張しています。
この方面では、
戦況の変化はありませんが、
ロシア軍は、
小規模な歩兵部隊をクリシチフカに投入し、
依然として抵抗を続けています。
その都度ウクライナ軍が発見し、
砲撃により撃退しています。

また、アンドリフカ、
クルデュミフカも同様で、
ロシア軍の抵抗がしつこく続いています。

●南東部 ドネツク州
アウディーイユカからマリンカ方面の
戦況についてお伝えします。
ウクライナ軍の攻撃が続いている
オピトネでは、
戦況についての情報はありませんが、
ロシア軍は第20自動車化ライフル旅団、
第33自動車化ライフル連隊、
第1軍団の第10独立戦車大隊が
反撃をおこなっているとの情報もあります。
市街戦となっているのは
間違いないようです。

それ以外に、ロシア軍はこの方面で
アウディーイユカ、
マリンカ、
ノヴォミハイリフカに20回以上攻撃を
仕掛けましたが、
すべてウクライナ軍が撃退し、
ロシア軍に成果はありませんでした。
戦況図に変更はありません。

●南部 ザポリージャ州
メルトポリのこの日の天気ははれ、
最低気温13度、最高気温23度。
今日の天気は、はれの予報。
風も弱く、過ごしやすい日が続く予報です。
ドネツク州南部から南部ザポリージャ州
方面の戦況についてお伝えします。

○ヴェルカノボシルカ方面
ノヴォマヨルスクでは、
戦闘が続いています。
この方面のロシア軍は、
第60自動車化ライフル旅団と
第11自動車化ライフル連隊で
ノヴォマヨルスク防衛に当たっています。
この日は市街戦となっていると思われますが、
ウクライナ軍、
ロシア軍いずれの方からも情報はなく、
戦況図に変更はありません。
一方、町の西側の戦況図の付近では、
ウクライナ軍がドローンで2両の
BMP1歩兵戦闘車を発見し、
攻撃して撃破しました。

それ以外には、
この方面の両軍の活動は低下し、
戦況図には変更はありませんでした。

○トクマク方面
この方面では、戦闘が再開され、
ウクライナ軍が攻撃作戦を続行しています。
反対にロシア軍は空挺部隊を
投入して防衛にあたり、
前線の少し後方に砲撃と
ドローン攻撃をおこない、
オリヒウなどには空爆も
おこなっています。

1番目
ヴェルボヴェでは、
ウクライナ軍からの情報はなく、
位置情報付きの映像によると、
ロシア軍は戦況図の場所で
ウクライナ軍の陣地をドローンにより
攻撃しています。

2番目
ヴェルボヴェからノヴォプロコピフカの
中間の付近では、
ロシア軍は連日、
戦況図の付近を砲撃していることから、
ウクライナ軍の前進が一段落して、
最前線は現在この付近となっている
かもしれません。

ロシア側の映像では、
ウクライナ軍がこの付近の草むらの
陣地にいることが確認できます。

3番目
ノヴォプロコピフカでは、
両軍が相手の動きを監視し、
砲撃をおこなっています。
ロシア軍はこの方面ですでに
空挺部隊が入っていて、
映像のメモではウクライナ軍は
ロシア軍の空挺部隊と戦闘となっていると
報告しています。

4番目
ロボチネの南では、
ロシア軍が盛んに砲撃をおこない、
さらにTOS1Aの面制圧兵器を使用し、
ウクライナ軍がこの付近に前進している
ことが確認できます。


●後方地域
1番目
クリミアのセヴァストポリの北にある
エフパトリア港では、
この日の朝、
大きな爆発があり、
映像では、遠くのほうに
爆発の炎が見えますが、
家が揺れるほど大きな爆発
だったとのことです。
目撃した住民は、
「ロシアの防空施設を攻撃した
のではないか」とのことですが、
ロシア国防省の発表では、
黒海艦隊の最新哨戒艦
セルゲイコトフにドローン攻撃が
あったものの、
ロシア軍がすべて撃墜したと
報告しています。