国際協議の継続で一致 ウクライナ和平会合閉幕(2023年8月7日)

国際協議の継続で一致 ウクライナ和平会合閉幕(2023年8月7日)

サウジアラビア西部のジッダでは6日、ウクライナ和平会合が開かれ、平和への道を切り開くために国際的な協議を続けることが重要との考えで一致し、閉幕しました。ウクライナ和平会合にはウクライナのほか、アメリカや日本、中国など、およそ40の国と国際機関が参加しました。ロシアは除外されました。会合では、ウクライナの主権と領土保全の尊重といった国際法の原則が今後の協議の中心になるべきとの考えが広く受け入れられたもようです。今回の会合についてウクライナのゼレンスキー大統領は、国際情勢に対する各国のアプローチは異なるとしつつも、「国際法の優先」という点では一致していると指摘し、会合の成果を強調しました。

#ジッダ #ウクライナ和平会合 #国際法の優先

WBS、モーサテ、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿などが見放題!
「番組未公開」コンテンツも盛りだくさん。
日本最大級の経済動画配信サービス「テレ東BIZ」。

▼▼「テレ東BIZ」はこちら(入会月無料)▼▼
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta